こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ピョンヤンの夏休み

わたしが見た「北朝鮮」
4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 日記、書簡、紀行
定価: 1,575 円
いいね!

    「ピョンヤンの夏休み」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      作者にとっての幻の祖国、北朝鮮。三度の訪問の中で、自分とは・民族とは・祖国とはを考え、今までの自分の人生を振り返っている。彼女にとっては日本は決して生きやすい国ではないようで、北朝鮮に郷愁を感じるという。しかし、それは旅人としての立ち位置であり、今の日本での生活が北朝鮮でも同じようにできるかというと、たぶん無理ではないかと思う。北朝鮮というとどうしても国家主席のイメージが強く、国民が何を感じているかわからなかったが、彼女と出会った北朝鮮の人たちはいたって普通の人たちだった。作者と彼らとの何気ないやり取りがとても印象に残った。 >> 続きを読む

      2018/02/26 by

      ピョンヤンの夏休み」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ピョンヤンノナツヤスミ ワタシガミタキタチョウセン
    ぴょんやんのなつやすみ わたしがみたきたちょうせん

    ピョンヤンの夏休み - わたしが見た「北朝鮮」 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本