こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

海賊とよばれた男

4.5 4.5 (レビュー11件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,680 円
この書籍に関連するページ
第10回 本屋大賞 / 大賞

敗戦の夏、異端の石油会社「国岡商店」を率いる国岡鐵造は、なにもかも失い、残ったのは借金のみ。そのうえ石油会社大手から排斥され売る油もない。しかし国岡商店は社員ひとりたりとも馘首せず、旧海軍の残油集めなどで糊口をしのぎながら、たくましく再生していく。20世紀の産業を興し、人を狂わせ、戦争の火種となった巨大エネルギー・石油。その石油を武器に変えて世界と闘った男とはいったい何者か―実在の人物をモデルにした本格歴史経済小説、前編。

いいね!

    「海賊とよばれた男」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      出光興産の創業者・出光佐三をモデルにしたノンフィクション。
      日章丸事件が起きるまでの、激動の時代を駆け抜けた気骨ある
      経営者の生き様の前編。
      日本人が忘れかけている勇気、誇り、闘志、そして義の心だ。

      虚弱な肉体、眼疾、神経症という三つの弱点を持った自分が世の中で
      戦っていくためには、教育を身につけることが必要と悟る自己分析。
      猛勉強して進学する。

      就職先は小麦卸の中小企業での丁稚。
      高学歴を鼻にかけず、大企業への進路を断ち切り、
      運命と思い、奮起して取引を増やす。
      そして、石油への先見性。
      独立して石油販売。

      立ちはだかるのは、日本人同士の団体だけではなく、
      海外企業やGHQまで。
      誹謗中傷、根回し、嫌がらせ、圧力。
      倒産の危機。
      様々な困難が待ち受ける。

      「中間搾取のない商いをしたい」
      生産者も消費者もともに潤う。
      そんな思いが、支援する人を増やす。

      主人公・国岡鐵造の思いは、愛国心。
      家族を愛し、社員を愛し、国民生活の安定を願う。

      長編物語ながら、スピード感ある展開に一気に読める。
      確たる信念を持って生きる素晴らしさを感じた。
      >> 続きを読む

      2015/11/04 by

      海賊とよばれた男」のレビュー

    • > そして、石油への先見性。

      華麗なる一族の「鉄」もそうですが、ロマンが有りますね >> 続きを読む

      2015/11/04 by ice

    • 評価: 5.0

      作者は色々と騒がれてはいますが、作品に罪は無いということで。最初から最後までストーリーに没入して読むことが出来ました。主人公やその他登場人物の不屈の魂は強く惹き付けるものがあり、また史実や実在する企業の創業者を元にした作品だという事がさらに関心をそそりました。

      2015/03/13 by

      海賊とよばれた男」のレビュー

    • これはやっぱりすごく面白そうですね!!

      2015/03/13 by fraiseyui

    • 本として読むには十分なんでしょうね。
      確かに実在した人物が元になっている方が読みたくなりますね!! >> 続きを読む

      2015/05/21 by かめこ

    • 評価: 5.0

       「永遠のゼロ」の著者
      百田さんの新作です。
       
       ゼロには泣かされました。
      日本人なら是非 読んでいただきたい一冊です。
      来年の映画公開も決まったんですね。
      絶対 見に行きます!
       
       ところで、本作も期待に反せず かなり読ませます。
      もう序盤からグイグイ物語りに引き込まれてしまいます。
      国岡鐵造のカリスマ性もすごいけど
      そこに惚れ込んで働く国岡商店の店員達や
      鐵造をささえていく人々みんながすごい。
       
       本書は実話を元に作成されているため
      主人公以外はほとんど実名のようですし、
      こんな男達が実在したということに
      胸を熱くさせられます。 
      上巻だけで涙腺を数度攻撃されました。
       
       下巻はこれからですが、かなり楽しみです。
      実際に大変面白かったし
      下巻への期待もこめて★5つです。
      >> 続きを読む

      2015/02/03 by

      海賊とよばれた男」のレビュー

    • 流石は百田さんですね。
      永遠のゼロで話題になり以降も素晴らしい作品を
      出せるとは、まだまだファンが増えそうですw >> 続きを読む

      2015/04/24 by teflon59

    • 匿名
      評価: 3.0

      政治的に利用されそう。

      2014/12/24 by

      海賊とよばれた男」のレビュー

    • 評価: 5.0

      どんだけ豪快な男か?周りの人間は大変だっただろうなと同情しつつも、こういう人間だったから誰もが着いて行けたのだろうかと。
      やることなすこと「塞翁が馬」的な上巻。

      2014/01/28 by

      海賊とよばれた男」のレビュー

    • スティーブジョブズのまわりも宮崎駿のまわりも大変って話を聞きますし、普通でそこそこじゃ何かを成し遂げられないのかもしれないですね。 >> 続きを読む

      2014/01/29 by ただひこ

    • 海賊が船で酒盛りしてるところとか想像するとワクワクしますよねー

      2014/01/29 by makoto

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    59人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    カイゾクトヨバレタオトコ
    かいぞくとよばれたおとこ

    海賊とよばれた男 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪

    最近チェックした本