こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

妻が椎茸だったころ

4.0 4.0 (レビュー7件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,365 円
いいね! momomeiai pyon321

    「妻が椎茸だったころ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 匿名
      評価: 評価なし


      私の読みたいリストに、記入しました。

      2016/06/01 by

      妻が椎茸だったころ」のレビュー

    • 評価: 4.0

      新規開拓(笑)。アマゾンでサーフィンしてたら、タイトルに打たれて(笑)。短編集。タイトル作と、最後の、「ハクビシンを飼う」が面白い。椎茸は、サイコー(笑)。この作者の作品をしばらく読み漁ってみようと決めた。昔々ハマった、松浦理英子の描く世界に共通するものがあるような、ないような。
      兎にも角にも、このタイトルセンス、見習いたい!(笑)。

      2016/03/17 by

      妻が椎茸だったころ」のレビュー

    • >椎茸は、サイコー(笑)。
      タイトルも中身もすごくイイですよね。意表を突く感じで、でも暖かくて。
      中島京子の本を読んで今のところ失敗はナシです。
      短篇が多いのですが「小さいおうち」も「かたづの!」もとても感動しました。
      ぜひ読んでみてください。私が未読な本のご紹介も楽しみにお待ちしています。
      >> 続きを読む

      2016/03/17 by 月うさぎ

    • 月うさぎさん。
      そうなんですねー! まずは「小さいおうち」を借りてきました!

      2016/03/19 by umizaras

    • 評価: 4.0

      フォロワーさんのレビューで見かけ、タイトルに惹かれて☆

      (;゚Д゚)  やっぱり!!
      ( ‥)    これって、彼女か彼かどっちが???
      (o^―^o)  なるほど。奥が深いなぁ。
      (゚Д゚)   そうなるの?そうなるの?そうなるの…か?
      (*^ω^A;) あら、そこでそうなっちゃうのね。

      今回は短編集でしたが、長編物も読んでみたいなぁ(*^―^*)
      『小さいおうち』映画はTVで観たのですが、もうちょっと記憶が薄れたら、読もう♪
      >> 続きを読む

      2015/06/06 by

      妻が椎茸だったころ」のレビュー

    • ぼくもこの本今狙ってるんですよね。題名が魅力的です。
      あと僕は表紙フェチなんで、気に入った表紙の本は手に入れて愛でたい人なんでそういう意味でも欲しい本です。 >> 続きを読む

      2015/06/06 by ありんこ

    • arinkoさん

      タイトル惹かれますよね☆
      そのフェチ分ります分ります。私も同じような物なんですが、懐が寂し過ぎるので図書館本で我慢(汗)手に入れて読んだら、読み返さないというのが分っているので勿体ないって部分もあったりなかったりします(笑) >> 続きを読む

      2015/06/07 by のこ☆

    • 評価: 3.0

      倦怠期の夫婦は読むべし、と断言していい表題作。すてきなレビューが既にあるけど、読んで見て「まさに」と相槌をうつこと請け合い。

      おおっ、妻の気持ちを図りかねる夫の気持ちも、夫の気持ちを期待をする気になれない妻の気持ちも、両面分かって描き尽くせる人を尊敬してしまいました。

      定年直後に妻が急逝してしまった男が、妻が申し込んでいた料理教室に通うはめになるところから何かが変わり始める。(強引な設定とか何とかいうより、タイトルの意味がしりたくて、どんどん読み進める心地よさがある。)
      妻が椎茸だったころ、その意味が分かるようになる夫。人生も後半、に差し掛かったとしても、人間て変われるんだなあ、としみじみ嬉しくなりました。

      短編集のほかの作品もまずまず。


      >> 続きを読む

      2015/06/01 by

      妻が椎茸だったころ」のレビュー

    • >倦怠期の夫婦は読むべし、と断言していい表題作。すてきなレビューが既にあるけど、読んで見て「まさに」と相槌をうつこと請け合い。
       うんうん、この本人気ありますね。図書館でなかなか借りられない。それと、中島京子さんの『小さいおうち』の文庫もたくさん置いてあって笑える、だって五つくらいあるもん。
       
      >妻が椎茸だったころ、その意味が分かるようになる夫。人生も後半、に差し掛かったとしても、人間て変われるんだなあ、としみじみ嬉しくなりました。
       
       ぼくもいい風に変わりたいです(笑)。
      >> 続きを読む

      2015/06/01 by 素頓狂

    • 読んでレビューする方が増えていってくれて嬉しい♡そんな本です。
      >人間て変われるんだなあ、としみじみ嬉しくなりました。
      心温まる。と簡単に言いたくないんですが、表題作は心からそう思える佳作ですね。
      全然自然じゃないのに自然。なんか幸せ。
      >> 続きを読む

      2015/06/02 by 月うさぎ

    • 評価: 5.0

      月うさぎさんのレビューを拝見して読みたくなり図書館で借りてみました。
      面白かった!
      最近多忙で読書の時間もあまりないのですが、
      この作品はちょっとした空いた時間にさらさらと読めました。
      ちょっぴり不思議な世界に連れて行ってくれるような短編集でした。
      私も月うさぎさんと同じく「妻が椎茸だったころ」が一番好きだなぁ。
      中島京子さんの作品、いろいろ読んでみたいです。 >> 続きを読む

      2015/05/22 by

      妻が椎茸だったころ」のレビュー

    • いえいえ。
      自分も宝の山に囲まれています。
      嬉しい悲鳴を毎日上げてます笑

      2015/05/29 by 澄美空

    • 澄美空さん

      確かに宝の山ですよね~(^-^)

      2015/05/29 by すもも

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    16人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ツマガシイタケダッタコロ
    つまがしいたけだったころ

    妻が椎茸だったころ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    読まされ図書室

    最近チェックした本