こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

たのしいムーミン一家 復刻版

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: トーベ・ヤンソン
定価: 2,484 円
いいね!

    「たのしいムーミン一家 復刻版」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      昭和40年に日本で初めて出版された「たのしいムーミン一家」の復刻版。
      装丁が美しい。表紙の絵も、それと背表紙と裏表紙、栞紐までの色の兼ね合いも。持った感じも良いなぁ。形ある「本」として、ずっと持っていたいと思わせられる。表紙の「復刻版」の文字さえ無かったら完璧(笑)

      ヤンソンの挿画が細かな線まできちんと印刷されている事にも感動する。(今まで持っていた青空文庫版、2000年・第52刷では、少しぼやけた感じだった)青空文庫には無かった、ムーミン屋敷の見取図もある。細かく区分けされていて、ちょっと狭そう?

      訳文に細かく変更が加えられている事もわかる。トフスランビフスランではなくて、復刻版ではシングミイとボブだったり。しかもボブの方が女の子のようだ。
      スナフキンの歌「すべてちっちゃな動物は しっぽにリボンをつけなくちゃ」は、始めは「みんなちっちゃな動物は しっぽに弓をもっている」と訳されていたのね。他にも色々と違いがあり、見つけるのが楽しい。
      >> 続きを読む

      2016/04/18 by

      たのしいムーミン一家 復刻版」のレビュー

    • 調べてみると、シングミイとボブは英語名のようです。その後スウェーデン語名のトフスランとビフスランに変更されたよう。
      シングミイとリトルミィ、語感が似ているからマズいと考えたのかな。ボブが女の子ってのも、どう考えても変な感じがするし。

      細かく訳文が変更されているといっても、マイナーチェンジに過ぎないとは思います。昭和40年代の感覚のままの文章、という感じがしますね。
      もう少し現代的な、生き生きとした文章でムーミンの物語を楽しんでみたいです。
      新訳が出版されたら、きっとまた私は買っちゃいますね(^_^;)マニアじゃないのに…
      >> 続きを読む

      2016/04/19 by maru

    • >もう少し現代的な、生き生きとした文章でムーミンの物語を楽しんでみたいです。
      ですよね!ぜひ新しい良い翻訳で読んでみたいです。
      「星の王子さま」だって翻訳次第でイメージがより良くなるのですから。この本なんて、どれだけ良くなることか。楽しみに待ちましょう。
      >> 続きを読む

      2016/04/19 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    たのしいムーミン一家 復刻版 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    魔球

    最近チェックした本