こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者: 安田 祐輔
いいね!

    「暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由。安田祐輔先生の著書。発達障害や家庭内トラブル、人間関係トラブルなどで不登校やひきこもりをご経験され、その後一流大学に進学され、不登校や中退の若者のための進学塾であるキズキ共育塾を運営されている安田祐輔先生。不登校、引きこもり問題の自称専門家の学者や研究者が上から目線で偉そうに指導する内容とは違って、安田祐輔先生のお話には実体験に基づく信頼感と子どもたちへの愛情が感じられます。

      2019/10/23 by

      暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    暗闇でも走る 発達障害・うつ・ひきこもりだった僕が不登校・中退者の進学塾をつくった理由 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本