こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ローラ、叫んでごらん

フライパンで焼かれた少女の物語
4.0 4.0 (レビュー1件)
定価: 819 円

泣き声がうるさい、そういって両親は1歳のローラをフライパンで焼いた。一命をとりとめた幼子は知的障害児として施設に送られるが、他者への恐怖と絶望から言葉を発することができなかった。12歳のローラが臨床精神科医の著者とめぐりあったとき、運命は新たなる道を辿りはじめた...。幼児虐待社会への痛切な告発であり、人間の誠意と愛の感動の記録でもあるヒューマン・ドキュメントのベストセラー、待望の新訳文庫化。

いいね!

    「ローラ、叫んでごらん」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      残酷さと愛情の対比がすごいです。

      タイトルから想像がつくかもしれませんが、虐待を受け心を閉ざしていた女の子、ローラが徐々に心を開いていく話です。
      ローラが心を開いていく過程は壮絶でした。

      人間の残酷さをとても恐ろしく感じました。
      と同時に、人を本当に愛してその子のために心を砕く優しさも強く感じました。
      どちらも人間の持っているもので、この本ではその双方が書かれているのでどちらも際立っていました。

      子ども一人ひとりにそれぞれのケアを、なんて言葉で言うのは簡単ですが本当に大変なことだと思います。
      前はうまくいった方法が通じない事が当たり前で経験が蓄積できません。
      今まで知らなかった世界を教えてくれた本でした。
      >> 続きを読む

      2012/08/26 by

      ローラ、叫んでごらん」のレビュー

    • 圧倒的な立場や力の差が有る相手への虐待という点で、児童虐待は許し難い犯罪です。

      は言え、親の都合など関係なしに休みなく騒ぎまくる子供に苛立ちを覚えることも少なく有りません。

      そういう時はなるべく一緒に外に出るようにしています。

      室内では双方のストレスが増大していくだけのような気がしますが、外に出ると随分救われますからね。
      >> 続きを読む

      2012/08/27 by ice

    • タイトルから、完全にヒデキ絶叫♪の本だと思ったのですが、全然違いました。

      西城さんのせいで不謹慎な感じになってしまい、今なら貰い事故被害者の気持ちがわかる・・・ >> 続きを読む

      2012/08/27 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ローラサケンデゴラン フライパンデヤカレタショウジョノモノガタリ
    ろーらさけんでごらん ふらいぱんでやかれたしょうじょのものがたり

    ローラ、叫んでごらん - フライパンで焼かれた少女の物語 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本