こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

プリオン説はほんとうか?

タンパク質病原体説をめぐるミステリー
カテゴリー: 内科学
定価: 945 円

遺伝子を持たないタンパク質が感染・増殖するという新しい発病機構を提唱し、ノーベル賞を受賞したプルシナー。彼の唱えるプリオン説は、狂牛病対策など公衆衛生にも、重大な影響を持ち、科学的真実として受け入れられている。しかし、プリオン説はいまだに不完全な仮説であり、説明できない不可解な実験データも数多い。はたして、プリオン説は、ほんとうに正しいのか?ノーベル賞評価への再審請求。

いいね!

    「プリオン説はほんとうか?」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    プリオンセツワホントウカ タンパクシツビョウゲンタイセツオメグルミステリー
    ぷりおんせつわほんとうか たんぱくしつびょうげんたいせつおめぐるみすてりー

    プリオン説はほんとうか? - タンパク質病原体説をめぐるミステリー | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本