こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

マカオ発楽園行き

香港・マカオ・台北物語
3.0 3.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: アジア
定価: 650 円

台北の下町のストリップ劇場で出会った不思議な老人、カラオケボックスで歌った「青い山脈」のメロディー。喧騒の香港を離れ、とびきりの「緑ワイン」に酔いしれて地の涯てを夢見たマカオの夜―高跳びするのに、こんな素敵な所はない。東南アジアの中華世界(チャイナワールド)に深く足を踏み入れた旅人が綴る夢のような旅。書下ろし。

いいね!

    「マカオ発楽園行き」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      香港、マカオ、台湾。それぞれの生活。

      台湾を含めたのが敗因。

      隣接している香港/マカオ。これに台湾が加わったところで軸がぶれたように思う。

      印象的なエピソードは、むしろ台湾に多かったため、台湾編で1冊。香港/マカオ編で1冊。
      または、本作品に韓国やシンガポールなどを加え、台湾の孤立感をなくした1冊。
      いずれかにすることで、ちぐはぐ感を一掃できたと思うと惜しい。

      内容は現地での生活。または旅行記。
      著者の実体験なのだろうが、香港/マカオでは、かなりハイソな話が多いのに対し、台湾では一点して、ガラの悪い人々のガラの悪い話が多い。
      面白いもので、お上品な話よりも、ガラの悪い話の方が圧倒的に興味深い。

      長くヨーロッパ支配の元に有り、西洋文明の影響が色濃い香港/マカオと台湾では確かに違いは有るのだろうが、これほどの落差は有ろうはずもなく、各国での著者の交友関係や行動結果が異なっていたためと考えるのが普通で有ろう。

      類似の作品と比較して、とくに抜きん出るものは見当たらない。
      >> 続きを読む

      2012/03/16 by

      マカオ発楽園行き」のレビュー

    • 香港、マカオ、台湾、どこも行ったことがないので私の中には似たり寄ったりの印象しかないのですが、かなり違うのですね。

      >面白いもので、お上品な話よりも、ガラの悪い話の方が圧倒的に興味深い。

      私もガラの悪い話の方が面白く感じるような気がします!
      >> 続きを読む

      2012/07/20 by tomato


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    マカオハツラクエンユキ ホンコンマカオタイホクモノガタリ
    まかおはつらくえんゆき ほんこんまかおたいほくものがたり

    マカオ発楽園行き - 香港・マカオ・台北物語 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本