こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

どちらかが彼女を殺した

3.7 3.7 (レビュー9件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 620 円

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。

いいね!

    「どちらかが彼女を殺した」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      加賀恭一郎シリーズ三作目。シリーズを順番に読むなかで、暫定一番面白かった!
      視点が加賀さんでなく、被害者の兄だったのも良かった。加賀さんとの「やりとり」を楽しめた。
      ラストも…ネタバレするので詳しくは言えないけど、ね。

      2017/04/21 by

      どちらかが彼女を殺した」のレビュー

    • 評価: 3.0

      加賀恭一郎シリーズが好きだからという理由で手にとりましたが、
      加賀刑事メインではなく、被害者の兄が主人公でがっかり。

      たった一人の家族である妹から
      「お兄ちゃん以外、もう誰も信用できなくなっちゃった」
      と電話がかかってきた。
      そして翌日実家にくる予定だった彼女はいつまで待っても来ない。
      兄が妹の家を訪ねてみると、、、
      自殺にみせかけて殺された妹の変わり果てた姿を発見する。

      警察には自殺として処理させるよう工作し、
      自分の手で犯人を捜し出し、決着をつけようとする兄。

      妹の親友か、妹の元恋人か。
      どちらかが彼女を殺したことまでは突き止めたが、
      どちらなのか最後の最後まで確信がもてない。
      最終的には兄と加賀刑事は犯人を特定したが、読者には公開されない。

      たぶんこっちで合っているけど・・・モヤモヤ。
      結局、Googleで犯人を調べる有様(汗)

      次は純粋に加賀刑事のキャラを楽しめる作品を読みます!
      >> 続きを読む

      2017/02/14 by

      どちらかが彼女を殺した」のレビュー

    • > 最終的には兄と加賀刑事は犯人を特定したが、読者には公開されない。

      むむ!面白そうですね!
      チャレンジしてみっか♪
      >> 続きを読む

      2017/02/14 by ice

    • 澄美空さん
      ガンバ Fly high!という体操マンガでリフレッシュ中です 笑

      月うさぎさん
      おひさしぶりです^^
      私の推理力不足のせいだと思います。。。

      iceさん
      あえて挑みに行くタイプですか!!!
      私なら他の人がこういうレビュー書いてたら、読むのやめちゃいそうです 笑
      >> 続きを読む

      2017/02/16 by アスラン

    • 評価: 4.0

      この小説は犯人の名前が書かれていない
      ヒントだけ書いてある

      多分、あの人だろう、、、



      >> 続きを読む

      2016/06/01 by

      どちらかが彼女を殺した」のレビュー

    • 評価: 3.0

      犯人の名前を書かずに終わるシリーズ第1弾でした。
      第2弾を先に読んでいたので、最後にある手引きやグーグル検索も小慣れてました。

      第2弾よりは簡潔に感じましたが、後味スッキリでも無いです。

      2015/11/04 by

      どちらかが彼女を殺した」のレビュー

    • 評価: 4.0

      加賀刑事が登場するということでは「新参者」シリーズだけど、この作品では加賀刑事はあまり前面に出てはこない。その代わりに、自殺したと思われた女性の兄(警官)が、自殺に偽装した殺人であることを見抜き、犯人を追い詰めていくことでストーリーが展開する。
      「私が彼を殺した」と同じように、犯人と思われる複数の人物の告白で事件が明らかになっていくが、必ずしも容疑者たちが真実を言っているとは限らないところが、この作品の読み応えのある点でもある。
      結局、ストーリーの結末まで読んでも真犯人が書かれてはいないくて、加賀刑事の行動や、加賀刑事と登場人物との会話の中から犯人を類推するしかない。そこもこの作品の面白い点と思う。 >> 続きを読む

      2015/08/29 by

      どちらかが彼女を殺した」のレビュー

    • >結局、ストーリーの結末まで読んでも真犯人が書かれてはいないくて、

      別の方のレビュー読んだ時も思いましたが、斬新すぎますよね!全然わからないままだとモヤモヤだけが残りそうです笑。 >> 続きを読む

      2015/08/30 by chao

    • 言われるとおり、もやもやは残るのですが、本編に続けて解説の章があります。その解説を読めば、大体の正解が分かるようになっています。間違えて解説から読んでしまわないことが大切です! >> 続きを読む

      2015/08/30 by kenji

    もっとみる

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本は違う版でも出版されています


    ドチラカガカノジョオコロシタ
    どちらかがかのじょおころした

    どちらかが彼女を殺した | 読書ログ

    会員登録(無料)

    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本