こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

五体不満足

完全版
3.3 3.3 (レビュー1件)
定価: 540 円

「障害をもっていても、ボクは毎日が楽しいよ。」両手と両足がなくったって、いつもいきいきとしているオトちゃんこと乙武洋匡さん。ひみつはすてきな家族と友だち、それに小学校のころは、とっくみあいのけんかもしたという負けずぎらいの性格にもありそうです。だれよりも元気に、明るく暮らしているオトちゃんのゆかいで痛快な半生記。小学上級から。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね! ice

    「五体不満足」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      生まれながらに四肢に障害を抱えている乙武氏の半生。

      共感した。
      本書は「五体不満足(完全版)」であり、幼少時代と「五体不満足」出版後で別の評価が必要となる。

      幼少時代:
      誤解を恐れずに言えば、途中まで非常に退屈な内容だった。
      あまりに普通の(健常者の)幼少時代と同じため、あえて書籍化する価値が無いと思わせるほどで有った。

      この印象をもったのは、ご本人の天真爛漫な姿勢と周囲の協力で
      何事にも健常者と同じように取り組んでいたことに加え、著者の巧妙な文章の運びに釣られ、障害を持った方の幼少時代だということを意識しないで読み進めていたためで有った。

      これまで様々なハンディを持った方々の手記的な作品に触れてきたが、こんな状態で読んだ作品は一つも無い上、おそらく読者をこのように仕向けたのは乙武氏の計算であろうと言うことに気づいた時は逆に爽快感さえ感じた。

      「五体不満足」出版後:
      男の人生として共感できる生き方をされている。
      ハンディを持ちつつもスターダムに伸し上り、圧倒的な知名度を勝ち得た乙武氏はバリアフリーの普及など、障害者対策の向上を訴えるにはご本人も認める通り、最高の立場に有った。

      しかし、安定が約束された広告塔として生きるのではなく、これまでがそうで有ったように「障害者」と「タレント」という
      看板を使わず、自身の力で立ち向かうライターとしての道を歩む決断をする。

      乙武氏の魅力的な笑顔、優秀な頭脳、洗練されたユーモア、そして文才。
      既に十二分に認められてはいるが、自身で選択した道を進んだ者のみが得られる達成感を味わっておられることと信じている

      完全版の名に恥じない。オリジナルではなく、完全版を選択すべき。
      >> 続きを読む

      2011/02/02 by

      五体不満足」のレビュー

    関連したレビュー

      講談社 (1998/09)

      著者: 乙武洋匡

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 4.0

        何度も読み返している愛読書のひとつである。
        当時、私はツイッターをやっており作者の乙武氏と
        何度か教育についての問題や雑談を交わした。
        乙武氏の掲げるモットーのひとつに

        「みんな違って、みんな良い」

        というものがある。
        ネットではあれこれと書かれているものの
        むしろ乙武氏の視線のフラットでバランスのとれた
        パースペクティブに感心した。
        それと同時にこの時代の中、価値観が多様化した
        日本人には頭を柔軟にさせる良薬であるように思える。
        当時の表紙は衝撃的なものだったが
        その後の障害を抱えた人たちの目線や考え方も
        普通に生活している人と何も変わらない、という
        当たり前のことにようやく気がついた。
        >> 続きを読む

        2013/10/22 by

        五体不満足」のレビュー

      • 障害者=弱者という視線を跳ね返すことのできる強い人だと思います。
        彼とこの本は日本の社会をちょっと変えたんじゃないでしょうか。
        >> 続きを読む

        2013/10/22 by 月うさぎ

      • 確か、完全版と銘打たれた文庫版を読みました。

        レビューに追加稿について言及した記憶が有ります。 >> 続きを読む

        2013/10/22 by ice

      講談社 (2000/06)

      著者: 乙武洋匡

      • 評価: 3.0

        良い教育をうけることができれば、どんなひとでも自分らしく輝くことができるんだと実感させてくれる一冊です。乙武さんの周りにいる、両親、友人、先生、大人から、豊かな心を育む教育のエッセンスを発見できると思います。

        2016/03/23 by

        五体不満足」のレビュー

      • ホントになんでもできることを実践していますね。
        教師もやってやめたし、こんどは自民党から代議士になるようです。 >> 続きを読む

        2016/03/23 by 月うさぎ

      • 以前、読んで感銘を受けました。

        元気を貰った記憶が有ります。

        2016/03/24 by ice


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ゴタイフマンゾク カンゼンバン
    ごたいふまんぞく かんぜんばん

    五体不満足 - 完全版 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    覚えない記憶術

    最近チェックした本