こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

庶民に愛された地獄信仰の謎

小野小町は奪衣婆になったのか
著者:
カテゴリー: 仏教教理、仏教哲学
定価: 880 円

恐いけどのんきな閻魔、鬼卒もすぐ隣にいる。別府、箱根、京都など日本中に遺る「地獄」には日本人の粋な「適当さ」が息づいている。

いいね!

    「庶民に愛された地獄信仰の謎」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ショミンニアイサレタジゴクシンコウノナゾ オノノコマチワダツエバニナッタノカ
    しょみんにあいされたじごくしんこうのなぞ おののこまちわだつえばになったのか

    庶民に愛された地獄信仰の謎 - 小野小町は奪衣婆になったのか | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本