こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)

4.0 4.0 (レビュー4件)
著者: 田村 潤
定価: 842 円
いいね!

    「キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      久々の読書ログレビューです。

      事実上の左遷という形で、タイトル通り高知支店からの出発でシェアを伸ばすことに貢献した著者の記録です。

      他のレビュアーの皆様も触れていますが、やはり、自分の五感で現場の感覚をつかみ、そしてより大舞台、重要拠点での成功という階段を昇った者だからこそ、組織としての理念やビジョンを大事にするという記述が重く感じられますね。

      2018/04/28 by

      キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      最後の方で目頭が熱くなる。この本では、働くなぜ働くのか、行動の「理念」と「ビジョン」の重要性が語られている。

      理念:1人でも多くのお客様に美味しいキリンビールを飲んで頂きたい
      ビジョン:そのために、どこに行ってもキリンが置いてあり、いつでもキリンを手に入れることの出来る状態を実現する

      現場メンバー1人1人まで、上記のような理念とビジョンが浸透すれば、それは強い組織だろう。

      今夜はビールの飲み比べをしてみよう。
      >> 続きを読む

      2017/05/06 by

      キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)」のレビュー

    • 評価: 3.0

      1987年にアサヒビールが「スーパードライ」を発売してから、
      独壇場だった「キリンビール」の国内市場のビールシェアが割り込みはじめる。

      1995に45歳だった著者が、社内で代表的苦戦エリアの高知支店に
      支店長として赴任。

      そこでの、シェア奪回の為の奮闘ぶりを・・・・

      そこには、その闘いの本質はライバルとの闘いというよりも、
      永年、王者の座に君臨し続けた自社の風土との闘いだと・・・。

      成績が悪くなると会議が増え、営業の現場へはこれをやれ、あれをやれ
      という指示が増え、現場はその指示をいかにこなすかという、
      受け身スタイルになり、主体的に動くという、ましてや自ら考えて
      動くということもなく・・・・・。

      そこへ、切り込んだのが、田村潤さん。

      高知県においては、1998年にシェア奪回するが、
      全社的には2001年にシェア40%を割り込み、アサヒビールに
      トップの座を奪われる。

      その後、田村さんは、四国4県の地区本部長、東海地区本部長、と大きなエリアで、
      シェアを反転させ、2007年からは代表取締役副社長兼営業部長として、
      2009年には、9年ぶりにキリンの首位奪回を果たす。

      その、原点はすべて「高知支店時代」にありと、
      現場主義、足で稼ぐ、工夫と実行、横との連携、チームで勝つ、など
      基本的なことばかりだが、やり遂げる執念。

      それが、凄いし、評論家的ではなく、実績を残された、実務家である。

      勝利の法則は、現場で拾え。

      と、読んでいると、
      20年来、飲んでない「キリン」が飲みたくなりましたな。
      >> 続きを読む

      2017/01/01 by

      キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)」のレビュー

    • ごまめさん、あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いいたします

      今はもっぱらノンアルビール、しかもアサヒ派なのですがたしかにこんな本を読んだらキリンを飲みたくなっちゃいそうですね。
      >> 続きを読む

      2017/01/03 by chao

    • chaoさん
      あけましておめでとうございます。
      こちらこそ、今年もよろしくでおます。

      キリンやアサヒという前に、現在ビールは控えております。
      正月は、ワインのロゼのスパーリンングを小瓶ながら二時間かけて飲みました。

      まあ、無理して飲むことも無いんですが、おせちを前にお茶では淋しいですので。

      >> 続きを読む

      2017/01/03 by ごまめ

    • 評価: 5.0

      高知から始まったキリンの逆転劇、読んでておもしろかった。

      ラガーの味をもし元に戻さなかったら、キリンは潰れていたかもしれないと思う程の、メンツにこだわるキリン本社とお客様の声を届ける現場との戦いに感動しました。

      2016/11/29 by

      キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書)」のレビュー

    • 今でこそ大きな会社ですが、「潰れていたかもしれない」って言葉が
      出てしまうくらいの時があったのですね~! >> 続きを読む

      2016/11/29 by pan

    • それだけ、スーパードライのインパクトが強かったということでしょうね。
      個人的には、僕は一番搾りが好きです。
      味も好きですが、ビール缶の口を横に長くした所が飲みやすかったです。
      >> 続きを読む

      2016/11/30 by PONT


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え! (講談社+α新書) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本