こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

虚無への供物

5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 730 円

アパートの一室での毒殺、黄色の部屋の密室トリック―素人探偵・奈々村久生と婚約者・牟礼田俊夫らが推理を重ねる。誕生石の色、五色の不動尊、薔薇、内外の探偵小説など、蘊蓄も披露、巧みに仕掛けたワナと見事に構成された「ワンダランド」に、中井英夫の「反推理小説」の真髄を見る究極のミステリー。

いいね!

    「虚無への供物」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

       上巻はすっきりとまとまっていたのですが、下巻では次々に事件が起こって拡散していき、それらが解明されないままグダグダと続いてもう何が何やら分からない状態に。
       最後まで読んで一応謎が解明されたのですが、本当にこれで全て解明されたのか、良く分かりません。
       記憶が鮮明なうちに、もう一度再読して確認する作業が必要かも。
          
      少年少女・ネタバレ談話室(ネタばらし注意!)
       中井英夫『虚無への供物』ネタバレ感想会
        http://sfclub.sblo.jp/article/177292872.html
      >> 続きを読む

      2016/10/18 by

      虚無への供物」のレビュー

    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    キョムエノクモツ
    きょむえのくもつ

    虚無への供物 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本