こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

冷たい校舎の時は止まる

4.3 4.3 (レビュー7件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 860 円

学園祭のあの日、死んでしまった同級生の名前を教えてください―。「俺たちはそんなに薄情だっただろうか?」なぜ「ホスト」は私たちを閉じ込めたのか。担任教師・榊はどこへ行ったのか。白い雪が降り積もる校舎にチャイムが鳴ったその時、止まったはずの時計が動き出した。薄れていった記憶、その理由は。第31回メフィスト賞受賞作。

いいね! Micchaaan

    「冷たい校舎の時は止まる」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      初めて読んだ、辻村深月作品。
      これを高校生の頃から考えていたそうだが、ものすごいなと感じた。

      “自殺”を扱った、ちょっとホラーチックな部分もあるミステリであるが、同時に修学旅行のようなワクワク感をもそこに内包している。それぞれの悩みを抱えた、未熟で愛しい魅力的な8人の主人公たち。そのひとりひとりの背景がきちんと掘り下げられていくのが、更に彼らへの愛着を感じさせてくれた。“犯人探し”をするのがミステリの醍醐味でありながら、「この人は犯人じゃないといいな……」とどの人物も思わせてくれるのだった。

      伏線は至るところに仕込まれていて、「あっ、これって」と思いながら、少しずつ全容を予想して読むのがとても楽しい。1000ページ越えのボリュームの中で、真実がわかるのは最後の最後の方であるから、もどかしさを感じながら長く楽しむことが出来る。伏線回収時の“答え合わせ”には、長いことそのままだった、かたい結び目がほどけた時のような気持ち良さがあった。

      読了後、「あの人はどうなったのだろう?」「もっとあの人のそれからが知りたい」、そう思える作品が好きだ。登場人物たちと友達になって、自分もまた仲間に入れてもらえたかのような感覚が残り、ことあるごとに本棚から手に取ればまた会いに行けるような、これはそんな作品のひとつだと私は思う。
      こういう素敵な作品に出会えるから、読書の日々はやめられない。
      >> 続きを読む

      2017/04/21 by

      冷たい校舎の時は止まる」のレビュー

    • >「あの人はどうなったのだろう?」「もっとあの人のそれからが知りたい」
      初めまして
      「冷たい校舎~」のスピンオフは、「ロードムービー」「光待つ場所へ」で読むことができますよー。
      「光待つ場所へ」は他の作品も混ざっているので、辻村さんの初期作品を読んでからの方がより楽しめると思います。
      ぜひぜひ(*^▽^*)
      >> 続きを読む

      2017/04/21 by あすか

    • >あすかさん
      初めまして!
      ご親切に教えてくださり、ありがとうございます!
      そうなんですね、また彼らに会えると思うと、とても嬉しいです♪
      刊行された順に読んでみようかなと考えているので、読める時を楽しみにしていようと思います(^^)v
      >> 続きを読む

      2017/04/23 by ディンゴ

    • 評価: 5.0

      物語はボリュームがあり、読むのに時間が掛かってしまったw

      シーンの一つ一つに無駄がなかったと思う。
      世界を作り出した「ホスト」の正体。
      自殺した同級生の正体。
      そして、あるキャラクターの以外な正体。
      謎が明らかになるに連れて、ページをめくる手が止まらなくなってきた。
      そして、最初から読み直してもう一度、細かい部分を確認し直してみたいと思った。

      登場人物一人一人にもしっかり心理描写が書かれていた。そして、あるキャラクターの心の中にあった悩みに触れた時はいい意味でページをめくる手が止まってしまった。

      読んでいて最高に面白い作品だった。
      >> 続きを読む

      2016/02/05 by

      冷たい校舎の時は止まる」のレビュー

    • 評価: 4.0

      読み終わったー。

      登場人物達の過去の話になると、違う物語を読んでるようで、なんか沢山の物語を読んだ気分。
      HEROの章なんて特に。
      そして学校のシーンに戻ると一気に冷たい世界に引き戻されるような・・。

      とにかく早く答えを知りたくて、読むのをやめられなくなります。

      HEROの前の章から、あのことに気づき始め、HEROで確信。
      そしてホストはあの人・・・と思ったけど、それはハズレ。う~~ん。

      なんてレビューの書きずらい本なんだ!w

      物語に出てくる、実際に起きた、精神世界に閉じ込められたっていう話・・そんな不思議な事があるんですね。こわいなぁ~~。
      >> 続きを読む

      2015/07/11 by

      冷たい校舎の時は止まる」のレビュー

    • 評価: 5.0

      ちょー面白かった!!

      やっぱり辻村さんだ!こういうのを今の自分は求めてる!

      そして、必ず辻村さんの作品は十分、いや十二分に応えてくれる。

      もう、580頁なんてあっという間。この面白さの前にはこのボリュームも霞む霞む。一気に惹き込まれたし、もう頁を捲る手が止まらない、止まらない。ずっと読んでいたい、でも、結末が知りたい。その繰り返しの中で最後、ラストを読み終わって得た読後感・・・爽やかな風が吹き抜けていった。こんなにシリアスな物語なのにこの爽やかな読後感・・普通の、並の作品じゃ到底感じれない。とても良い時間、読書体験だった。

      物語の説明やあらすじを書くのは苦手なので詳しくは読んで下さいとしか言えないのですが、この”生死をさまよっている人間の精神世界に取り込まれる” ”1人が残ってその世界に蓋をする”などの設定というか、世界観は正直すげーと思ったし、SFチックで今の自分の興味にバッチリ合って吃驚した。今めっさSF熱高いから。この物語の内容も凄いけど、矢張り何と言っても登場人物たちの心理描写とバックボーンの描写半端ない!そりゃ、これだけのものを描写するんだからこの頁数になるのも頷けるし、逆に良くこの描写を書ききったなと。感服、尊敬、ある種畏怖も感じる(勿論良い意味で)

      ヒロインの名前を辻村深月にして書いた覚悟もしっかり伝わった。

      下巻はそこまでホラーっぽい描写はなく、それよりかは甘いというか、爽やかなそれでいて切ない描写が多かった感じがした。

      ネタバレになるから詳しくは書けないけど、ある少年とそのガールフレンド、その友人、その3人を暖かく見守るおにーちゃん。この4人が実は・・・!?それを知った時の興奮といったらもう・・・ヤバス!!!!

      ナニワトモアレまた楽しい読書体験が出来ました!

      あすかさんまた素敵な作品ありがとうございました!

      因みにこの下巻1日で読了しちゃった。こんなにボリューミーな作品1日で読了したのは初めての体験です。

      最後に一言・・・ちょーーーーーおもしろかったーーーーー!!!!
      >> 続きを読む

      2015/07/02 by

      冷たい校舎の時は止まる」のレビュー

    • 澄さん
      >2009年の衝撃ってなんだろう??

       レールガンは2009年からなんですよね。2009年は超超当たり年でした。咲-Saki-  東のエデン  けいおん! それとハルヒもありました。
       個人的には「にゃんこい」が好きでしたね。エロアニメっぽいけど「けんぷふぁー」も観てました。

       レールガンの水着回がいいですよ。題名がやたら長いやつ。あれが最高ですね。
      >> 続きを読む

      2015/07/03 by 素頓狂

    • 素頓卿さん
      成る程~!そういうことですかー!!
      確かにこの5作品だけでも凄さがビシバシ伝わって来ます(`・ω・´)ゞ
      「にゃんこい」存じ上げないです。ちょっと後でググってみよう(^^♪

      まじっすか!?
      よ~し!ちょっと探してくるぞーd=(´▽`)=b
      >> 続きを読む

      2015/07/03 by 澄美空

    • 評価: 5.0

      下巻を読み終わって辻村作品が、デビュー作の"冷たい校舎の時は止まる"から、"名前探しの放課後"に至るのがよくわかりました。
      同じ"自殺"をテーマにしているけど、受ける印象は全く異なります。
      共通してるのは登場人物が感情豊かに学校生活を送っていること。本当に各々魅力的で、他の本でも活躍してるのがわかるくらい。

      下記よりネタバレ満載で。






      ホストが"辻村深月"なのは納得。
      物語の深月は、ホストとしてこの世界を作っていました。
      作家辻村深月も同じように、ホストとしてこの物語を描いていたのではないでしょうか。
      「これは私の名刺代わりの本となりました」
      ホストとして、今も作品を生み出している、そんな気がします。
      長い物語を読みきった後は、妙に寂しくなります。
      その後の彼らには、"ロードムービー"で出会えます。
      >> 続きを読む

      2014/12/08 by

      冷たい校舎の時は止まる」のレビュー

    • ネタばれ部分は薄目で読みました笑

      登場人物が魅力的なのはいいですねーその後他の本でも読めるというのもまたいいですね! >> 続きを読む

      2014/12/08 by coji

    • cojiさん
      薄目読み・・・私もよくやりますw

      そうですね!
      登場人物が魅力的だから、他の本で出てきても楽しくなっちゃうんですよね。そうでなければさらっと流してしまう気がします(^_^;)
      >> 続きを読む

      2014/12/08 by あすか

    もっとみる

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本は違う版でも出版されています

    この本に付けられているタグ

    ツメタイコウシャノトキワトマル
    つめたいこうしゃのときわとまる

    冷たい校舎の時は止まる | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本