こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

迷路館の殺人

4.5 4.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 780 円

奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。招かれた四人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった。周到な企みと徹底的な遊び心でミステリファンを驚喜させたシリーズ第三作、待望の新装改訂版。初期「新本格」を象徴する傑作。

いいね!

    「迷路館の殺人」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      建物内部が、迷路となっている館「迷路館」
      そこで、前代未聞、史上最大の遺産相続争いが起こった。

      審査方法は、相続者候補の作家4人が、迷路館を舞台とした、推理小説を書く事。
      ただし、その小説の被害者はその小説を書く自身であること。

      そんな遺言を残したのは、大作家「宮垣葉太郎」
      彼は、自ら命を絶って、4人を争わさせたのだった。

      作家4人は、遺産をめぐって、小説を書き始めるが。
      一人、また一人と、何者かによって殺害されていく-。

      小説の設定が、とにかく面白いです。
      この小説を読むのは、これで二度目なのですが、何度読んでも、ワクワクしてしまいます。

      そして、この小説は、ちょっとした、「面白い書き方」がしてあるんです。
      それは「小説の、小説」です。
      この書き方をしている小説は、この「迷路館の殺人」しか、読んだ事がありません。

      「小説の、小説」がどういう事なのか、ご自身の目で確かめてもらう事を、おススメします。
      その方が、きっと面白いので。
      >> 続きを読む

      2017/10/12 by

      迷路館の殺人」のレビュー

    • 「小説の、小説」が気になりますね。

      2017/10/13 by rock-man

    • >rock-manさん
      でしょう(^^♪
      是非、読んでみて下さい。

      2017/10/16 by ゆずの

    関連したレビュー

      講談社 (1992/08)

      著者: 綾辻行人

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 3.0

        面白いミステリーないかなぁ?と探しているとたびたび目にする綾辻行人氏の館シリーズ。以前からずっと気になっていて、やっと読んだ。

        迷路館という密室で起こる不可解な出来事と連続殺人。
        作中作も出てきて非常に凝った構成になっている。

        期待した通り、迷路館に閉じ込められた中での殺人事件と犯人探しを楽しむことはできたものの、個人的にはトリックが「それってアリ!?」と感じてしまいスッキリできず、ちょっと消化不良気味になった。もっと爽快に騙されたかった。

        ただ、なぜか私は何も考えずに「迷路館の殺人」を読んだのだが、「十角館の殺人」、「水車館の殺人」を先に読むべきだった。1作目から順を追って読んだ方が楽しめたのではないかなぁとちょっと後悔。
        >> 続きを読む

        2012/07/22 by

        迷路館の殺人」のレビュー

      • 自分も少しづつですが綾辻作品の
        「館シリーズ」を順番に再読しております^^
        ようやく「人形館」まで辿り着きました! >> 続きを読む

        2013/04/03 by za_zo_ya

      • >za_zo_yaさん
        za_zo_yaさんは再読中なのですね♪
        私は最初に読んだ迷路館が消化不良だったので、最初から読むモチベーションが起こらず放置してしまっているのですが…ファンが多いシリーズだけにいつか最初から読んでみたい気もする…というステータスです☆ >> 続きを読む

        2013/04/03 by chao

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本は違う版でも出版されています

    メイロカンノサツジン
    めいろかんのさつじん

    迷路館の殺人 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本