こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

走らなあかん、夜明けまで

カテゴリー: 小説、物語
定価: 710 円

生まれて初めての大阪出張。二十七歳のサラリーマン坂田勇吉は、企業秘密の新製品を詰めたアタッシュケースを、手違いから堀河組というやくざに持って行かれてしまう。取り戻すには、敵対するセンバ会から取引代金の五千万円を奪わなければならない!日本一不運なサラリーマンが走る!シリーズ第一弾。

いいね!

    「走らなあかん、夜明けまで」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      講談社 (1997/02)

      著者: 大沢在昌

      • 評価: 5.0

        ごくごく普通のサラリーマンが、追い詰められ、弱気な自分を奮い立たせて頑張る姿が上手く表現されていました。
        また、舞台を大阪にしたことで、より臨場感にあふれ、テンポがあり、一気に読むことができました。

        2011/05/01 by

        走らなあかん、夜明けまで」のレビュー

      • 帯の「ヤクザ相手に命がけのワンナイト・チェイス」というコピーを読んで、グッと来ました♪ >> 続きを読む

        2012/07/20 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ハシラナアカンヨアケマデ
    はしらなあかんよあけまで

    走らなあかん、夜明けまで | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本