こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

V.T.R.

3.8 3.8 (レビュー3件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 440 円
いいね!

    「V.T.R.」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      辻村深月苦手!と言いながら(笑)スロウハイツ読んだら読まないわけにはいかないじゃない?ということで
      このラストは反則!

      2016/07/28 by

      V.T.R.」のレビュー

    • 評価: 5.0

      おもしろかったーーーーー!!!!おもしろかったーーーーー!!!!今回も大事なので2回言いました!!

      今作は辻村深月さんの作品「スロウハイツの神様」や「ハケンアニメ」などに登場する人物”チヨダコーキ”のデビュー作。


      内容はガチで”ライトノベル”。それもめちゃくちゃかっこいい、シャレオツなやつ。もう、読んでて痺れた!文体も登場人物たちの台詞もめちゃくちゃかっこいい、オシャレ~!!

      世界観は一応現代なんだけど、なんというか良い意味で退廃していて”TranceHighという殺し屋が席巻していて其処に立ち向かっていく、主人公の”ティー”と恋人”アール”。このふたりの愛の形やその周りに居る友人たち(S、J、A、Yドクター)彼等も皆等しくかっこいい、そして哀しい。


      こういう作品久々に読んだけどやっぱ良いね。


      んで、巻末の解説。此処がまた辻村さんのサービス精神が為せる業だなと、実際辻村さんの作品を読んで好きになった人にはもう垂涎ものの解説で、あの”赤羽環”が解説書いてるとかマジパねーっすよ!!
      もう、ほんとにありがとうございます!ありがとうございます!ですよ。その解説もまた良いって良いって。マジパねー。


      いやあ、今回もほんとに良い読書が出来ました!マジパねー。

      やっぱ辻村さん良いわ~(*´∀`*)マジパねー。
      >> 続きを読む

      2015/08/06 by

      V.T.R.」のレビュー

    • まだ読んでないのですー。
      美空さんの熱いレビューたまらないですね!
      コーキのデビュー作というのも気になりますが、環の解説が一番読みたいです。笑

      かっこよくてオシャレ・・・どんなストーリーなのか気になります!!!
      >> 続きを読む

      2015/08/06 by あすか

    • あすかさん
      そうなんですよね~。結構意外でした(笑)
      ありがとうございます!そうですね。デビュー作、鮮烈ですよーv(´∀`*v)ピース
      環の解説ヤバイですよ。もうビンビンと犇々とコーキに対する想い伝わってきました♪

      ネタバレになるので詳しくは書けないですが、マジでパねーくらいオシャレでかっこいいです。(って、なんも説明になってない(´Д⊂グスン)(あと、言ってることレビューと同じ・・(・_・))。すいません・・。)
      >> 続きを読む

      2015/08/07 by 澄美空

    • 評価: 4.0

      『スロウハイツの神様』に登場した作家、チヨダコーキのデビュー作。

      表紙は辻村深月になってるけど、ページをめくるともう一つ表紙が出てきて、出版社が代々社、チヨーダ・コーキ著になってて
      裏表紙もちゃんとあったり、解説がスロウハイツの赤羽環だったり、すごい凝ってる!

      こういうファンサービスというか、企画が出来るのいいなぁーーー。

      文章も本当に辻村さんとは別人が書いたような雰囲気でした。

      内容も面白かった。合法的に殺人が犯せるマーダー、生きたロボットが捨てられるエデン。伝説のマーダー、トランスハイ。

      主人公のモト恋人のアールがすごくカッコイイ女の子で、
      でもすごくピュアな心を持ってて、好きでした。
      エデンでの物語りが良かったなー。

      ティーとアールが別れた理由や、アールがやろうとしていた事の目的がよくわからなかったけど・・・・。

      最後の仕掛けには気づかなかったので、ビックリしました。

      読みやすかった!
      >> 続きを読む

      2015/07/01 by

      V.T.R.」のレビュー

    • 〉ページをめくるともう一つ表紙が出てきて、出版社が代々社、チヨーダ・コーキ著になってて
      こういう趣向私は結構好きです。
      でもものすごく古典的な手法ですよね。作家が他にいて、っていう小説の書き方。
      「ガリバー旅行記」とか。サルトルの「嘔吐」とか。多々あります。
      >> 続きを読む

      2015/07/01 by 月うさぎ

    • 辻村深月さんはまだまだ読みたい本がたくさんあるのに、これはびっくりです。
      やはり実力のある方なんですね。 >> 続きを読む

      2015/07/01 by 空耳よ


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ブイティーアール
    ぶいてぃーあーる

    V.T.R. | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    僕の行く道

    最近チェックした本