こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

石の繭

警視庁殺人分析班
3.8 3.8 (レビュー4件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 730 円
いいね!

    「石の繭」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      図書館本。初読みの作家さん。
      面白くて夢中になって読んだ。
      感じのいい女性刑事が活躍する警察小説は好物なので、大満足。

      犯人が明かされたときの驚きは、リンカーン・ライムシリーズの『ボーン・コレクター』を読んだ時のそれに似ていて、実に面白かった。分析班のメンバーが論議したことをノートに番号順に整理していくのも、ライムの手法を思わせて楽しい。(そういえば、アメリア・サックスも個人的にとても気に入っている女性警察官である。)

      第二弾、第三弾も続けて読もうと、図書館に予約した。主人公の如月塔子がこれからどんな活躍をするのか、しばらくは目が離せない。

      >> 続きを読む

      2019/01/17 by

      石の繭」のレビュー

    • 澄美空さん

      コメントありがとうございます。
      このシリーズ、すっかり気に入りました。
      がんばる塔子を応援しながら読みました。

      塔子と鷹野の恋路は私も気になるところです。
      続きを読むのがとても楽しみです。

      最新刊を読まれた澄美空さんのレビューも楽しみにしております。


      >> 続きを読む

      2019/01/17 by Kira

    • お二人がとても盛り上がっていて、私も読みたくなったことと、
      しかもボーンコレクターをこの間読んだばかりなので、
      私もこの波に乗ってみます♪
      >> 続きを読む

      2019/01/18 by アスラン

    • 評価: 3.0

      けっこう面白かった。謎解きもそうだけど、かなり伏線が効いていて、ほんのちょっとした事が伏線として氷解していくのは気持ちがいい。最後にちょっとしたどんでん返し的な展開になっているし、割とハラハラさせられる。

      内容的には、普通の警察ミステリーだけれど、主人公の女刑事「如月塔子」の人となりをうまく表現していて好感がもてる筋書きとなっている。さらに、昔の誘拐事件とかが絡んできて読者をひきつける。

      この作品はシリーズ物の第一話となっているので、これからの展開が楽しみである。それ故、この作品で主人公のキャラがしっかりと表現されているのもうまい。これから次作に登場する主人公の活躍が期待される。ドラマ化もされてるみたいなので、興味のある方はご一読を・・・。 >> 続きを読む

      2017/03/01 by

      石の繭」のレビュー

    • 評価: 評価なし

      レビューでこちらのシリーズを知り手にとりました。
      主人公は女性刑事。
      こういう物語の女性刑事はたいてい家庭に問題あったり、
      職場では能力あるけど孤立してるとかがタイプだと思うけど(偏見?w)
      こちらは新米で仲間ともうまくやっています。
      仲間と事件を考える「殺人分析班」をつくってるんだけど
      それがなんかミステリ系のサークルみたいな感じをうけるのが新鮮。
      題名の「石の繭」はポンペイの火山灰に埋もれた死体に
      かかってるんだけど、なんと今日ポンペイのことやったTVがあり
      録画していました。こゆことあるよねーあとで見よ。
      面白く読めましたが1か所主人公と犯人との電話でのやりとりで
      気になるとこあるけど・・・まぁいいかな。
      しかしえげつない殺し方ですよ、これは。。。
      澄さんのレビューで映像化してるの知りましたが
      木村文乃さんですか、ううむ見たいですな!
      もうちょいしたら次のを読みますよー
      >> 続きを読む

      2016/03/29 by

      石の繭」のレビュー

    • makotoさん
      今やってるCMとか見ると「ほ〜綺麗な人ね〜」となりますw

      澄美空さん
      面白く読みましたよー
      気になったのは電話のやりとりで誘拐犯は二人じゃないの?
      と聞くとこですー。この聞き方だと事件のことわかってるような?
      感じしてしまうような…トレミー気にしてないけど…
      そんなに木村さん好きになっていたんですか!w
      >> 続きを読む

      2016/03/30 by 降りる人

    • そうなんですね!ふむふむ。成程です!

      好きになりましたね~。って今も好きですが(笑
      若手の女優さんの中では好きな方ですね。でも今一番好きなのは石原さとみさんと上戸彩さんですね!この清楚で清純な感じが好きです。あ、TOP3には木村文乃さん入ってます。あ、でも堀北真希さんも好きだからTOP4ですかね(笑)
      >> 続きを読む

      2016/03/30 by 澄美空

    • 評価: 4.0

      夏のドラマ一覧を観ていてふと、「お?この作品おもしろそう。」と思ったのがこの作品。でも、良く観てみたら放送するのWOWOW・・・観れねーじゃん。でも、1話だけは無料放送するみたい。よし!だったら原作読んでみよう!と思って読み始めた。

      何時しか夢中になっている自分が居た。

      別にこの表紙を観てという訳ではないのだが、毎回この本の装丁を観る度ワクワクしていて、只、最近色々と有って忙しくて中々読めなくて、でも視界に入る度ワクワクして。

      実際内容も物語も面白くて、すきま時間にちょこちょこ読んでいた。

      で、今日漸く読了。おもしろかった。

      この作品の主人公は女性警察官。それだけではどこにでもあるありきたりな作品で此処まで興味も湧かないし、ワクワクしない。

      でも、この主人公、小柄で童顔、26歳。父親も同じ特捜警察官。でも、今この世にはいない。その父親の意思を引き継いで同じ特捜に、警察官になる。

      もうこれだけで感情移入しまくり。

      頭の回転も早いし、不器用でドジもするけど意思が強く肚も据わってる。

      男だらけの組織の中でも懸命に歯を食いしばって頑張ってる。闘ってる。

      この作品の良さは?と聞かれるとぶっちゃけ直ぐには思いつかないが全体を通して緊迫感も有り、ミステリ要素も有り、スリリングな展開も有りで結構重厚感溢れるなあと。

      ラストも「そう来たか!?」と唸った。

      因みにドラマではこの主人公役は木村文乃さんが演じるそうです。

      ぶっちゃけ(2)この配役もこの作品を好きになった要因でも有ります。かわいいですよね?木村文乃さん(笑)

      と、少し話が逸れましたが、次巻以降にも期待が持てます。

      既に2巻は手元に有るのでじっくり熟成してタイミングを見計らって読みたいなと思う。

      ☆4の理由は次巻以降に期待を込めて敢えて。

      また、良い読書体験が出来ました!
      >> 続きを読む

      2015/07/17 by

      石の繭」のレビュー

    • ボク、ボクこんなにきれいな人に前に居られたら心停止の危険が有るので医師の同席の元でないとお会いできないと思います。澄さんと一緒に会うと2人とも倒れて救護が間に合わない可能性があるので残念ですが澄さんとは別日でお会いしたいですね。
      これそんなに出ているんですか?!すごいなあ。楽しみ!
      >> 続きを読む

      2015/07/18 by ありんこ

    • ありんこさん
      じ、自分もです・・。パイセン!の仰る通り別日で有って互いに報告し合いましょう(`・ω・´)ゞ
      そうなんです。確か4巻まで出ている筈です。
      主人公の如月塔子(木村文乃さんが演じる)ちゃんがものっすげーかわいいんです!
      この子の成長物語として読んでも十分面白いと思います!

      あー、WOWOW観てー(。>0<。)
      >> 続きを読む

      2015/07/18 by 澄美空


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    イシノマユ ケイシチョウサツジンブンセキハン
    いしのまゆ けいしちょうさつじんぶんせきはん

    石の繭 - 警視庁殺人分析班 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本