こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

あきらめの悪い人切り替えの上手い人

4.0 4.0 (レビュー1件)
定価: 700 円
いいね! Mika_S

    「あきらめの悪い人切り替えの上手い人」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ちょっと古い本ですが、全く期待していなかったのにかなり良かったです。

      著者の文章と相性が良かったのかもしれませんが、例えや表現がとても的を得ていて感心しながらあっという間に読むことが出来ました。

      特にフランス在住者としては、常々フランス人と日本人の考え方や気性の違いというものを感じていたので、狩猟民族は結果主義で切り替え上手、農耕民族は粘り強く諦めないで努力重視という、いうなれば民族性の違いが現在にも影響しているという考え方に大いにうなずけました。

      そういった民族性の違いを意識した上で、不当に自分の切り替え下手やあきらめの悪さを責めるのではなく、上手に対応していけたらいいなと思いました。

      また最後の最後に、あきらめることをあきらめてもいい!というようなことが書いてあり、私も心からその通り!と思いました。
      別に切り替え下手を皆が皆どうしても直す必要はない。
      色々な人が居て世の中のバランスが取れる。
      だからポジティブばかりがいいとかではなくて、トータルのバランスが大事ですね。

      地味ですが、すごく良い本。
      結構お勧めです。
      >> 続きを読む

      2019/05/28 by

      あきらめの悪い人切り替えの上手い人」のレビュー

    • >狩猟民族は結果主義で切り替え上手、農耕民族は粘り強く諦めないで努力重視という、いうなれば民族性の違いが現在にも影響している
      まあ!すごい自己流なのですが、そういう言い方、私もたまに使ってます。
      古代の暮らし方は民族性と関係が確かにあると思います。
      例えばサッカーは狩猟民族のスポーツだと思うし。
      あと、きっと、遊牧民族の個性も違うでしょうね。
      勉強したら面白そうですね。
      >> 続きを読む

      2019/06/04 by 月うさぎ

    • >月うさぎさん

      月うさぎさんもこういう表現をされているんですね!
      私も読んでいてこれは上手い例えだなと思いました。

      脳科学なんかの本を読んでいてもそうですが、現代の生活が一変して、さらにものすごい速さで変わり続けていても、人間本来の機能などは基本的に古代からあまり変わってないということらしいので、そりゃぁいくら世の中が豊かになったり良い方向へ変わっていたとしても、この変化時代に適応しきれなければ幸せにも感じられないだろうにと思いました。

      そうですね~、スポーツや文化などなど、そういう観点から見るとまた面白い発見がありそうですね。
      私は日本人よりも非日本人の友達のほうが多いのですが、あまりステレオタイプ的なことを言うのはどうかと思いつつも、やっぱりそれぞれの国の人には共通した特徴や傾向があったりするので、面白いなぁと思います。

      同じく高校生の娘も詳細海外(フランスの外と言う意味)で勉強したり働いたりしたいというので、(私は読んでいないのですが)国民性の違いや理解に関する本を読んで「へぇ~」と納得したり、面白そうだったので、そのうち私も読んでみたいなと思いました。
      >> 続きを読む

      2019/06/07 by Mika


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    アキラメノワルイヒトキリカエノウマイヒト
    あきらめのわるいひときりかえのうまいひと

    あきらめの悪い人切り替えの上手い人 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本