こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

言ってはいけない!

部下と上司の禁句
4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 経営管理
定価: 620 円

職場で何気なく口にする、うっかり発言・口癖・言い訳が、部下や後輩のやる気をなくさせる。「オレが若いころは、そういうやり方をしなかった」「オレがだめって言ったら、だめなんだ」「現実的には難しい」「オレは聞いてない」「場の空気を読んでくれよ」などの表現で、職場はささくれ立つ。なぜそういう発言が出てしまうのか?言われた部下はどう切り返せばいいのか?職場のあつれきを、前向きな生産エネルギーに転換する方法を伝授する。

いいね!

    「言ってはいけない!」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      社会人1年生の娘が職場の40代の先輩の一言一言に傷ついている。
      慰めたり戒めたり気にしないように助言したりいろいろしているが効果はイマイチ。
      そこでこんな本ですが。結構、爽快です。
      娘がいわれていることがほとんど「上司が言ってはいけない!言葉」にラインナップされているではないか!
      ほらね。
      ダメ上司の証明なんだよ。能力不足と人格形成不全なんだよ。
      職場の雰囲気を悪くしてモチベーションを下げるなんて社員として有害ですらあるわ。
      だからあなたが悪いわけではない。心を強く持ちましょう。

      お願い。これで気が晴れた?もう、私にグチらないで。頼むから。

      言葉の紹介と解説は面白いし、こう言い換えましょう、こう切り返しましょう、という提案があるところは親切です。
      アドバイスに関しては…まあ、たまにちょっとおかしなことも書いてありますよ。
      時代劇用語は上司の使える技の一つなんていっちゃってたり。
      でも「合点承知の助」なんて、私は死んでも言わないわよ。(o ̄ー ̄o)

      本文内容にはいまひとつピンとこないこともありました。
      会社というものは形態も仕事内容もさまざまです。
      それを抽象的に説明しようってのがそもそも難しそうですね。
      こういうのは具体例をズバズバ書いた方がイメージしやすいと思います。

      コミュニケーション力は結局は「相手を読む」ということにつきます。
      相手の逆鱗、ツボを見抜くこと。
      同じセリフを言っても怒る人怒らない人がいますね。
      だから人を見ろと。
      またそれは逆もあり得るのです。
      その一言を言われても頭に来る人来ない人がいるのです。
      要は人間性と関係性、悪意の有無、信頼性などなど。
      ベースは人間関係です。
      ことばは道具。万能ではありません。
      でも有効な道具であることには間違いないです。
      人を見抜くためにはまずは会話がなければ始まらないでしょう。
      自己を正しく表現できるよりよい言葉を常に使うように心したいものです。

      100社にアンケートを取り〈あなたが言われて「嫌だ!」と心の中で叫んだせりふ〉をまとめたチェックリストが巻末についています。
      このリストが役立ちそう。
      さりげなく社内に貼っておくってのはどう?

      ところで近年は上司が部下に言われて傷つく事例が急増しているのだそうな。
      放言をかましてくる気遣いゼロの若者。

      リストの言葉を見ていると、上司側はセルフコントロールができないための暴言ですが、
      部下側のは人間性の根本が疑われます。

      上司といえども中間管理職だったり、辛い立場はかえって歳くってるほうが深刻なこともありますよ。

      【上司が言ってはいけない】 一例
      ・「オレが若いころは、そういうやり方をしなかった」
      ・「オレがだめって言ったら、だめなんだ」
      ・「現実的には難しい」
      ・「オレは聞いてない」
      ・「給料分働け!」
      ・「○○さんはわかるのに、あなたはなぜわからないの?」
      ・「それは前に言ったでしょ」
      ・「お前じゃ無理だな」

      【部下が言ってはいけない】 一例
      ・「自分でやってみせてください」
      ・「今日は仕事をする気分でない」
      ・「今やんなきゃいけないんですか?」
      ・「私、能力が低いので」
      ・「命令ならやります」
      ・「あなたとは時代が違います」
      ・「言っていることが全然わかりません」
      ・「適当でいいんじゃないですか」

      なるほどなるほど。
      こんな奴、採用した人事に責任を取らせたいですね。
      現場ではさぞかし悲鳴をあげていることでしょう。

      ビジネスマンのあなたも、接客業のあなたも。
      自分のクセになっている「言ってはいけない」一言を探しましょう。
      より素敵なふるまいのできる大人をめざそうではありませんか!
      >> 続きを読む

      2015/09/24 by

      言ってはいけない!」のレビュー

    • あすかさん
      今は昔ですが新卒入社の頃に部署にいたお姉さまがどうも苦手だった私でした
      入社後3ヶ月が心が折れる魔の時期らしいですよ。
      自分は使えないダメ人間なのかも~と自信を失って落ち込んでしまいます。
      誰でも通る道みたいなので、深く考えず、前向きであることだけを心がければいいのでしょう。
      こんな本でも読んでみて、助言をもらった気になったり、ウサばらしになればいいんじゃないでしょうか。

      >怒りの感情があるうちは、どちらの立場にしろその人に対してまだ期待しているのだと思います。
      なるほど~。このお言葉、娘に伝えます。
      >> 続きを読む

      2015/09/25 by 月うさぎ

    • ゆぅあさん
      >いやぁ、言葉は通じるのに話が通じないような方もいらっしゃって
      あるある。いるいる。(`・ω・´)ノ_彡☆バンバン!
      基準にしている価値観が違うから、すれ違うのですよね。
      第3者としてその会話を聞いているのもじれったく辛いですよ。
      こういう時にはテレパシーが使えればいいのにって思いませんか?
      >> 続きを読む

      2015/09/25 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    イッテワイケナイ ブカトジョウシノキンク
    いってわいけない ぶかとじょうしのきんく

    言ってはいけない! - 部下と上司の禁句 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本