こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

DDD

4.0 4.0 (レビュー3件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,365 円

感染者の精神だけでなく肉体をも変貌させる奇病、A(アゴニスト)異常症患者―俗に言う“悪魔憑き”が蔓延る世界。左腕を失った男、石杖所在と、漆黒の義手義足を纏い、天蓋付きのベッドで微睡む迦遼海江の二人が繰り広げる、奇妙な“悪魔祓い”

いいね!

    「DDD」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      悪魔憑きと呼ばれる精神疾患がテーマの新伝記。
      他人には見せないだけで、弱い心に甘んじる方が楽で安心できる。
      変わる事は辛いからからこのままでいいと思ってしまった事は誰でも一度はあるはずだ。
      この作品は体に欠損を持つ主人公達が、精神疾患で肉体が異貌と化した人々を救済していく物語。
      人が根源的に持つ弱さは誰しも抱えており、その弱さを何とか脱却しようと抗う為に必死になるのが正常な在り方で、「このままではいけない」という危機感が欠乏した時、人で在る事の尊厳を失うのだ。
      歪んだ心の闇を放置する事の危うさに警鐘を鳴らしている。

      昨今の現代人が抱える精神疾患を冷徹な視点を持ってして、甘えだとバッサリ切り捨て、病とはとどのつまり心の弱さから生まれる悪だと言及する様は、なかなかに厳しくて辛辣だが、スッと心に腑に落ちるものを感じた。

      確かに何でも病気のせいにして逃げていては幸せにはなれないなぁ。
      >> 続きを読む

      2018/06/12 by

      DDD」のレビュー

    • 評価: 4.0

      アゴニスト異常症(A異常症)
      少し特殊な精神病で、鬱・対人恐怖症に代表される現代病の一種が蔓延する世の中で生きる登場人物たち。

      本物の悪魔使いと悪魔憑きの最終的な結末はどうなるのか⁉

      あの奈須きのこさんが執筆する作品で残念ながらまだ二冊しか出てなく続編の予定も出ていませんが独特の世界観、考え方は流石です❗

      >> 続きを読む

      2015/10/25 by

      DDD」のレビュー

    • 評価: 4.0

      まずこの手の本はだいぶ人を選ぶと思います。
      後、精神障害が題材なのでそのあたりを真に受けないとかですかね…


      元々は同じ著者の「空の境界」が好きで、著者から見つけた作品ですね。
      ありえない世界感なのにどこかしら人間臭いみたいな感じがすごく好きです。

      タイトルはDecoration Disorder Disconnection
      直訳で装飾 障害 切断ですね。
      現時点で2巻までしか発売されていませんからなんともいえませんが、なるほどと思えるタイトルです。

      8年前の作品なのに次がまだ出ていないとかもう続巻はないんでしょうか…

      表紙の子は男の子です(驚愕)
      >> 続きを読む

      2014/01/15 by

      DDD」のレビュー

    • >表紙の子は男の子です(驚愕)

      負けたかも(°_°)

      2014/01/16 by aimi☆

    • >◆空太◆さん

      こればっかりはどうしようもないですよね…


      >sunflowerさん

      現状2巻しか出ておらず、表紙の海江については謎のままです(笑)


      >iceさん

      講談社BOXっていう分類のものですね。
      大体外見がこんな感じで中の表紙が単色のあれです


      >aimi☆さん

      いやいやそれ以前の女性であるという地点で勝ちです!
      >> 続きを読む

      2014/01/16 by ちあき


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    DDD
    DDD

    DDD | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    脳を鍛える「超」記憶法

    最近チェックした本