こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)

3.0 3.0 (レビュー2件)
著者: 松岡 圭祐
いいね!

    「シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      歴史が苦手なので当時の状況説明されても全く頭に入らない。そのうえロシア人だかイギリス人だかカタカナ名もたくさんで、謎解きどころじゃなかった。完全に苦手分野で残念。

      2017/09/03 by

      シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      本屋さんで見かけた時に『なんなんだこのタイトルww』って思ったのがファーストインプレッションで、気がついたら手に取ってレジに直行してた。

      シャーロックホームズが明治初期の日本に登場するだけでもワクワクするのに、まさかの伊藤博文とタッグを組んで事件を解決するというハチャメチャエンターテイメント。
      しかも取り扱う事件に絡んでくるのはロシア皇太子が斬り付けられた大津事件や足尾銅山鉱毒事件。日本史的大事件と黒幕の陰謀とが相まって日本が破滅の危機に陥るんだけど、そうはさせじとホームズと伊藤博文が日本を救うため体を張って大活躍!なんていうスケール感www

      惜しかったのは自分にホームズの知識が全然無いこと。たぶんファンなら楽しめるような小ネタが仕込まれてるんだろうけど、シリーズを読んだ事がないから『???』だった。新訳版出てるみたいやし、手を出してみようかしら。。

      いやーこういう運命的な出会いがあるから特に用もなくても本屋さんに通うことがやめられないんよなぁ。
      >> 続きを読む

      2017/06/24 by

      シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫)」のレビュー

    • kantoheiyaさん
      ぜひ読んでみてください。わりと注目されてるのか本屋さんの文庫コーナーで平積みされているのをよく見かけます。 >> 続きを読む

      2017/07/03 by ねごと

    • 何か読みたいと思って書店で、同じように、何だこのタイトルと思って手に取りました。今から読みます。楽しみ‼しかし、私もホームズの知識ゼロ。
      読んだら、ホームズにもはまるかも、そして、なるほどー、と感じて二度楽しみになるかも。
      >> 続きを読む

      2018/01/03 by 私の本棚

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シャーロック・ホームズ対伊藤博文 (講談社文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本