こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

なるたる(3) (アフタヌーンKC)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 鬼頭 莫宏
いいね!

    「なるたる(3) (アフタヌーンKC)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      穢れを知らないシイナとアキラの小さな体に、容赦なくのしかかる暗澹たる絶望を必死になって抗う中、業を煮やした政府の策略によって仕掛けられた罠をかい潜るようにして、何とか展望を見つけようとする今巻。
      ささやかな幸せをかい摘むような悪意に汚されまいと立ち向かう。
      自重のない大人達の汚れきった悪意が、シイナ達を澱んだ薄暗い物へと染めようとする。
      大人の言い分はいつだって子供の眼から見たら、理不尽なように映るからこそ、大人は一方通行に説き伏せて押し付けてはならない。
      そういった冷たい感情は子供の心にいつまでも残るのだから。 >> 続きを読む

      2018/10/31 by

      なるたる(3) (アフタヌーンKC)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    なるたる(3) (アフタヌーンKC) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    上海少年

    最近チェックした本