こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

のだめカンタービレ

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 420 円
いいね!

    「のだめカンタービレ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      あの人はきっと、音楽を、人を尊敬してて、それが自分に返ってくる。
      はるか遠く・・・ 本物の巨匠なんだ―――

      第2巻 Lesson7~Lesson12
      初期のストーリーはギャグ線高いです。
      学生生活における音楽ネタなのでまだ真剣さや深みは描かれません。
      2巻は特にラブコメ色が強いですね。

      千秋に恋するのだめに新たなライバルが出現!!
      のだめに嫉妬の炎を燃やすのは、ティンパニー奏者の奥山真澄(心は乙女なヒゲ男子!)
      この巻の前半はのだめと真澄ちゃんの千秋をめぐるバトルがメインです。
      季節はクリスマスからお正月へ。年末年始の「おこた地獄」など、生活感あふれるエピソードが描かれます。

      そして、後半はドイツの巨匠・シュトレーゼマン(またの名をミルヒー・ホルスタイン)の来日です。
      強烈インパクトのエロオヤジ。実はニセモノ?説まで囁かれるが…。


      【音楽ノート】
      ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」 op.125
      [Lesson8,9] コンサートチケットを餌に千秋とのクリスマス・イブ・デートを目論む真澄

      マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」
      [Lesson10] かつて千秋は、シュトレーゼマン指揮のこの曲を聞いて衝撃を受けたそうだ

      ベートーヴェン:交響曲第7番 op.92
      [Lesson12] 千秋が初めて(憧れの)指揮にチャンジ

      「ミルヒーは急病なので 今日はこの人が指揮しまス!!」

      「オケは一日にして鳴らず」デス。はシュトレーゼマンの名(迷)言です。
      >> 続きを読む

      2014/02/19 by

      のだめカンタービレ」のレビュー

    • ドンマイ自分♪

      2014/02/20 by ただひこ

    • ただひこさん。カワイイ♡

      2014/02/20 by 月うさぎ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ノダメカンタービレ
    のだめかんたーびれ

    のだめカンタービレ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本