こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

バリバリ伝説

4.0 4.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 440 円
いいね!

    「バリバリ伝説」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      バリバリ伝説 第8/全38巻

      ついに鈴鹿4耐に挑戦するイチノセレーシングの高校生チーム。

      以前は島田紳助なども監督として参戦していたし、オートバイレース好きではなくても、かなり知られていると思われる「鈴鹿8時間耐久ロードレース」(通称:鈴鹿8耐)

      その前日に行われるノービス(初心者)クラスを対象とした4時間耐久レースが「鈴鹿4耐」である。

      監督から、「グンと秀吉。美由紀と比呂」という勝ちを意識したペアを告げられ、かなり気まずい編成とはなったが、出場資格を得るためのレースも経て、いよいよ4耐の予選へと挑む。

      鈴鹿8耐は実際に観戦したことが有るので、とても思い入れが有る。
      8耐はお祭りのため、終了後のサーキットウォークでコース全体を歩くことが出来たので、実際に走行したことは無いもののライダー目線でコースを見られたのも大きいように思う。

      そんなコースを、グンがマシンをペッタリ倒してコーナーを攻めている。
      ワクワクどころか熱狂に近い感情の昂りが有る。

      予選タイムでグンを上回った秀吉だが、本戦で並み居る強豪を倒すにはグンの爆発力だと冷静に計算しているようで、今は仲が悪くても相互補完の良いペアになるような気がしている。
      >> 続きを読む

      2014/02/08 by

      バリバリ伝説」のレビュー

    • 速度が速い分遠心力で上半身が外側に引っ張られるのを体を内側に倒してバランスを取る感じですよね。

      実は自転車も鈴鹿8耐があるんですよ。
      >> 続きを読む

      2014/02/08 by Shimada

    • Shimadaさん>
      > 速度が速い分遠心力で上半身が外側に引っ張られるのを体を内側に倒してバランスを取る感じですよね。

      それですそれ!
      (日本では)ハングオンと言われていて攻め具合の指標です(笑)

      ちなみに、この状態で遠心力に負けて外側にブッ飛ぶのをハイサイドと言いますが、まず自分がブッ飛んだ後に自分のマシンが追いかけて来ると言う非常に恐ろしいコケ方です...
      >> 続きを読む

      2014/02/08 by ice


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    バリバリデンセツ
    ばりばりでんせつ

    バリバリ伝説 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本