こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

彼岸島

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 560 円
いいね!

    「彼岸島」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      彼岸島 第5/全33巻

      正面に新たな敵、雅。背面には邪鬼(オニ)。頼みの兄貴さえマインドコントロールされ敵に回る始末。

      残酷な話では有るが、2年間も1人で生き続けて来た負のモチベーションとして説得力を感じた。

      吸血鬼のプリンス的な存在、雅。

      彼のマインドコントロールを受け、味方を攻撃し始めた兄貴だったが、ギリギリのところで正気付く。

      門前の吸血鬼達の包囲網を突破するため、圧倒的力を持った吸血鬼の進化系である邪鬼(オニ)に対しても、雅からのマインドコントロールから外すことで、制御不能の大暴れを導く。

      命からがら急場を凌いだ一行だが、切り立つ崖にかかった壊れる寸前の橋まで追い詰められる。

      橋の両端で分かれることになった兄貴は、

      自らが彼岸島に来ることになった経緯。
      なぜ彼岸島が吸血鬼の巣と化しているのか。
      更には、その責任が自分に有ることを語り始める。

      吸血鬼などが存在している以上、完全に論理的な説明は不可能だが、概ね全容と言える内容が、明かされたように思う。

      それなりの説得力も有り、また、兄貴に感情移入すれば泣ける話と言えなくもない。

      結構ハイペースで読んで来たつもりだが、まだ残り28巻。全体から言えばまだ序章くらいかもなぁ...
      >> 続きを読む

      2013/10/10 by

      彼岸島」のレビュー

    • 兄貴って聞くと思い浮かべる人、結構みんな違うんだろうなー

      2013/10/10 by makoto

    • >結構ハイペースで読んで来たつもりだが、まだ残り28巻。全体から言えばまだ序章くらいかもなぁ...

      彼岸島って新章から別になってましたよね?シリーズとしてはもっとあるかもしれないですね。
      >> 続きを読む

      2013/10/11 by nepia


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ヒガンジマ
    ひがんじま

    彼岸島 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本