こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

言の葉の庭

4.0 4.0 (レビュー2件)
著者:
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 630 円
いいね!

    「言の葉の庭」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      内容紹介
      雨の日は1限をさぼり、町をぶらつくことが習慣になった高校1年生のタカオは、初夏のある日ふと立ち寄った公園で謎めいた年上の女性に出会う。雨の日に顔を合わせ言葉を交わすほどに親しくなる二人。タカオは誰にも言ったことがない「靴職人になる」という夢を語り、女性が何かに深い傷をおっていることを知る。相手の名前も仕事も年齢も知らないことで親しくなった二人に、自分と相手の現実と向かい合うときが近づく…!

      映画「言の葉の庭」のコミカライズ。

      ちょっとヒロインの何気ない時の顔の絵が若干「ん?」と思ったがそれ以外は概ね良し。良いコミカライズだと思う。

      この映画は自分の中では大当たり。余り同じ作品を何度も観ることはないのだが今作は結構繰り返し観てる。映像が兎に角綺麗で心理描写や風景、情景なども美しく毎回見惚れる。あt,ヒロインの声が好きな声優さんというのもポイント高い(笑)


      忠実まではいかずとも良く出来てると思う。

      多分もう1回読むと思う。

      ほんとに綺麗な作品。

      今回も良い読書が出来ました!
      >> 続きを読む

      2015/10/01 by

      言の葉の庭」のレビュー

    • 今、アニメの予告編を見て来ました。
      凄く綺麗ですね。音もいいし。
      映画もあるんですか
      >> 続きを読む

      2015/10/02 by 空耳よ

    • 空耳よさん
      そのアニメがアニメ映画として公開されている・・・筈です。多分そうだと思います。(すいません曖昧で)
      そうですね。綺麗です。自分大好きです♪主人公の高校教師の女性とその高校に通う男子とのやり取りや情景描写も凄く良いですし作品自体が短いので観やすいです!
      >> 続きを読む

      2015/10/02 by 澄美空

    • 評価: 4.0

      今年の5月に公開された新海誠の映画、言の葉の庭のコミック版。

      靴職人を目指して直向きに頑張る少年と職場の人間関係の縺れに疲れてしまった女性の不器用な物語です。

      物になるかどうかわからないけど好きな事に向かって今できることを頑張る少年と好きな事を追って生きてきた結果気が付いたら職場のトラブルに勝手に巻き込まれ職場に居られなくなってしまった女性が描かれています。たぶん、少年の生き方を続けると女性のような状況に追い込まれる事があるという時系列的な構成なのではないかと思います。

      私も、学生時代の頃はゲーム開発が行いたくて、毎日設計や実装を繰り返してみたり、本屋巡りやネット上での情報収集を繰り返してみたり、1~2時間散歩しながら試行錯誤してみたりしていたなぁと懐かしく思いながら他方で、そんな事を仕事に就いてからも仕事と並行で時々は行っていたら、なんかよく分からないトラブルに巻き込まれて、酷い思いをした事もあったりしたなぁと。

      結局ゲーム開発の仕事には就けませんでしたけれどね。

      真面目な人というのはこういうトラブルにあった時、自分の所為だと思い込んでしまう傾向がありますよね。あの時自分が異なった判断を行えば、異なった行動を取れれば、能力がもっとあったら・・・。でも、ダメなときはダメ。あるいは自分の所為ですらないかもしれない。どれだけ自省しても答えなんか出ないんですよね。だって、それはたった一つのシンプルな答え、「ダメなときはダメ」ですから。

      あとは自分を許せるかどうか、前に向かって進んで行けるかだと思います。それが、「私はここで一人で歩く練習をしていたの」という女性のセリフなのではないかと思います。

      古代においては運命の神、中世においても神の意志という概念を導入していて、そして儀式を行う事で他者の介在により前に進んで行くきっかけ、仕組みをプロセス化していました。でも、近現代的科学的思考は全ての事に理由を求めます。唯物論的に因果関係を求めてしまうので、自分で何とかするしかないんですね。

      どれだけ考えても答え出ないんですよ。

      でも、考えることは無駄じゃない。それはそれから先に進む時により良い判断を即すから。だから、「人は時に孤独であっても良い」。でも、まぁ、気が済むまで考えたら帰っておいでと、そういう優しさがこの作品のテーマなんでしょうね。

      映像作品の方は緑が美しくて、雨が優しく心地よく描かれていた作品でした。万葉集という古典をモチーフにしている割には作品の構成は序破急なんですよね。

      人生に疲れてしまった人、潤いが欲しい人にお勧めです。
      /*あと、金麦のCMのお姉さんのファンの人にもお勧めです。*/
      >> 続きを読む

      2013/12/01 by

      言の葉の庭」のレビュー

    • >今年の5月に公開された新海誠の映画、言の葉の庭のコミック版。
      ななななんですと!!!
      完全にノーマークでした。。。

      読まねば…
      >> 続きを読む

      2013/12/02 by ちあき

    • >ただひこさん

      ではお勧めです。ゆきのさんが金麦のお姉さんの雰囲気醸し出していますよ。


      >aimi☆さん

      私も子供頃からやりたいことがあったわけではないですよ。
      なんでSoftware屋さんを目指したのかというと周りがコンピュータに詳しそうだぞと思ったからだったりします。
      人間意外とそんなところがあります。という所も描かれていますよ。
      面白そうと思ったことを色々試してみると良いです。


      >iceさん

      「マンガでわかる心療内科」の方も面白そうですね。


      >makotoさん

      お喋り好きでも食べる方法はありますよ。説法師とかどうです?


      >ちあきさん

      映像作品より若干、分かり易いです。ぜひ読んでください。
      >> 続きを読む

      2013/12/03 by Shimada


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    コトノハノニワ
    ことのはのにわ

    言の葉の庭 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    Monster

    最近チェックした本