こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

聲の形 = The shape of voice

4.0 4.0 (レビュー4件)
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 450 円
この書籍に関連するページ
第8回 マンガ大賞 / 2位
いいね!

    「聲の形 = The shape of voice」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      ずっと気になっていて、やっと読めました。

      最初の方は、小学校での、現実にもありそうな虐めの内容で、正直「酷いな。。。」と
      思いました。
      しかもそのまま小学校時代の話は終わります。

      そこからどう動いたかという話だと思います。
      当時を取り戻すことは出来ないが、これからどうやって過ちを犯した分を
      返すのか。
      その中で、青い青春も描かれ、かわいいなぁと思ってしまって
      自分はもうそんな年になったかと若干落ち込みました。

      評判からの期待通り、面白いですよ。
      >> 続きを読む

      2015/05/12 by

      聲の形 = The shape of voice」のレビュー

    • 面白いですけど、結構きつい描写とかも多いですよね。

      2015/05/12 by ttt

    • 幼いころ酷いことを言って大人になって後悔することってありますよね。

      2015/05/12 by naganaga

    • 評価: 4.0

      ankoさんのレビュー以来ずっと読みたくて仕方なかった本
      正直1巻だけで読んでしまうと胸くそ悪くなってしまう…

      こんなことしてハッピーエンドなんて実際絶対望めないんだけどバットエンドにしてもなんとなくもやもやが残ってしまいそうな感じもある

      本当にこれでいいのか、この物語は無事に終わりを迎えれるのか
      すごい続きが気になってしまう

      女の子って強いなぁ
      >> 続きを読む

      2014/03/31 by

      聲の形 = The shape of voice」のレビュー

    • >女の子って強いなぁ

      でも、守ってあげたいので、もっと強くならないといけないのが厳しいところですよねーw >> 続きを読む

      2014/04/01 by makoto

    • >iceさん
      本だからこそ関われることもありますもんね

      >chaoさん
      与えた傷は自分にも残りますからね…
      そういうのを感じ取ってくれたらなぁって思います

      >makotoさん
      でも精神的にはいつも女の子に勝てないのが男の悩みな気がしたりしてます(笑)
      >> 続きを読む

      2014/04/04 by ちあき

    • 評価: 4.0

      「俺は彼女が嫌いだった」
      退屈が嫌いで、明るく、 楽しく がモットーの少年、石田将也。
      そんな彼の前に現れた転校生の少女、西宮硝子。
      彼女の“ある事”をきっかけに、
      からかったつもりが、それがどんどんとエスカレートしていき。
      それは皮肉にも彼自身の人生をも変えていくことに・・・

      1巻は正直、胸が悪くなるような登場人物が多く
      (主人公もさることながら、それによって態度を変えていく、教師、クラスメートたち
      ただ、いじめの構造、誰もが標的になりうる救いのなさを描いたのは見事だと思います)

      2巻以降どのような展開になるのか。
      西宮硝子が“聖化”した登場人物に祭り上げられないことを
      切に願います。

      できれば・・・2巻が出てから購入された方がいいかも。
      >> 続きを読む

      2014/02/17 by

      聲の形 = The shape of voice」のレビュー

    • 中学生くらいのイジメ、残酷で大嫌いです。
      あの頃はイジメが特別なものでなく、日常茶飯事でした。
      今でもそうなのかなぁ…
      >> 続きを読む

      2014/02/18 by sunflower

    • 皆さま コメント ありがとうございます
      makotoさん
      >キャラじゃないんですけど、イジメについてだけはシリアスなんです。
      おお~!!素晴らしい。冗談抜きで恰好良いです。

      sumfiowerさん
      >あの頃はイジメが特別なものでなく、日常茶飯事でした。
      >今でもそうなのかなぁ…

      今でもそうみたいです。現実に中学生の娘がいますが
      LINE等も使って、昔よりも遥かに巧妙というか
      人間関係を構築するのも大変そうです。
      >> 続きを読む

      2014/02/19 by きみやす

    • 評価: 4.0

      息子が貸してくれたおススメの本。

      リアル…リアルでビックリ(゚Д゚;)
      小学校に転校してきた耳の聞こえない少女、硝子。
      クラスメートは最初硝子の面倒をみていたが
      やがて面倒に感じる様になる。
      同じクラスの将也は面白い事の好きな元気な男の子。
      将也は硝子を面白がってイジルが
      それはイジルじゃなくイジメのレベルだった…。
      硝子の親からクレームが付いた途端、
      態度を変える担任やクラスメート。
      やがてイジメが原因で転校する硝子
      今度は将也がクラスから孤立する番だった…。

      硝子が転校してからやがてイジメの対象になる将也
      その影響で中学、高校とずっとボッチのままだったが
      高3の春将也は硝子に会いに行く。やり残した事を片づける為…。


      小学生だとイジルとイジメの境界線が判らないのか?「(´へ`;
      それと手のひら返す担任、友達…生々しい。(i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ
      >> 続きを読む

      2013/12/28 by

      聲の形 = The shape of voice」のレビュー

    • >ちあき さん

      そうなんですよ~続きが気になる漫画です。

      2014/01/08 by あんコ

    • >makoto さん

      どんな理由があるにしても苛められる子は可哀想
      ましてや苛められる方は理由が判らないのだから…(ノд-。)クスン >> 続きを読む

      2014/01/08 by あんコ


    最近この本を本棚に追加した会員

    13人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    コエノカタチ
    こえのかたち

    聲の形 = The shape of voice | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本