こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

進撃の巨人 = attack on titan

5.0 5.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 漫画、挿絵、童画
定価: 450 円
いいね!

    「進撃の巨人 = attack on titan」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      とどまる事を知らない人気絶頂の「進撃の巨人」の十二巻です。関連本も数多く出版され、一巻出版当初からの人気は衰え知らずです。

      エレンとユミルを攫い、逃げるライナーとベルトルト。調査兵団たちはエレンを奪回できるのか—。

      最近、漫画を読んでいると、なんとなくですが、作者がどのように描いているのか分かるときがあります。伝えたいことがあり確固たる信念を持って描いている漫画、次の展開に迷いながら描いている漫画、絶頂を経験し下がりかけた人気を取り戻そうともがいている漫画、いろいろあります。本作は人気が凄すぎて、なんとなく次の展開に迷っているようにこれまで感じていたのですが、ここにきて吹っ切れたように感じます。物語の展開にも非常にキレが戻り、次の展開が楽しみです。

      これまで、特に物語の序盤では戦闘場面が中心で、中でも巨人化したエレンの戦闘シーンでは、人類全体に向けたかのような熱いメッセージが感じられました。しかし本巻からはむしろ深まっていく巨人の謎や、ライナーやベルトルト、ユミル、クリスタといった巨人化する人間の謎に迫る表現や描写、心理的な駆け引きが中心で物語の構成に力を注いだ展開になっているなあって感じます。迸るような感情描写の表現はなりを潜め、謎とその謎をめぐる人々の駆け引きが中心となっている、っていう感じですね。

      最初は勢いだけ、という感じだった本作もだいぶ物語が深まってきていて、謎が謎を呼ぶ展開が進み、物語に厚みが増してきています。次巻では壁教やクリスタことヒストリアの話が主になるのでしょうか。物語が厚みを増してきた分、安定性も増し、長く続く物語になってきた感もあります。今後の展開も非常に楽しみです。あとやはり熱い部分は熱いですね。巨人に立ち向かうエレンの姿には胸を打つ物もありました。
      >> 続きを読む

      2013/12/14 by

      進撃の巨人 = attack on titan」のレビュー

    • まだ続いてたんですね!
      最初何冊か読んでやめちゃったんですが、☆5だなんて気になります…! >> 続きを読む

      2013/12/15 by sunflower

    • iceさん、sunflowerさん、コメントありがとうございました。

      12巻はつい最近出ました!13巻もほんと、たのしみです。
      星の付け方は、私は甘めなのでそんなに気にしないで下さいね!!でも面白いですよ!!
      >> 続きを読む

      2013/12/16 by taka2


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シンゲキノキョジン
    しんげきのきょじん

    進撃の巨人 = attack on titan | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本