こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

聲の形(3) (週刊少年マガジンKC)

4.3 4.3 (レビュー2件)
著者: 大今良時
定価: 450 円
いいね!

    「聲の形(3) (週刊少年マガジンKC)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      2巻を飛ばして3巻を(笑)

      過去をやり直そうと必死の石田君
      可愛くなった西宮さん

      2巻が2人のやり直しなら3巻は小学校のやり直し

      友達の定義ってなんなんだろうねぇ
      ちょっと考えちゃう3巻でした
      個人的に植野さんのあれはいいとしても最後の西宮さんのあれは突発すぎるきがするなぁー
      そのまま石田君気づかずに数巻またぐ感じかな?
      どっちに転ぶにしろ次は6/17発売かな?待ち遠しい!!!


      にしても全体的に女の子可愛くなりすぎでしょ…
      >> 続きを読む

      2014/04/04 by

      聲の形(3) (週刊少年マガジンKC)」のレビュー

    • >にしても全体的に女の子可愛くなりすぎでしょ…

      どうして女性は時とともに可愛さが増していくんでしょうね♡ >> 続きを読む

      2014/04/04 by makoto

    • >iceさん、chaoさん
      1巻と2巻はセットで読むことをおすすめしますので!(答えになってない)

      >◆空太◆さん
      わかんないですよねぇ
      そんなことをちょっとだけ考えてしまう3巻でした

      >makotoさん
      男はあんまり変わんないイメージですね
      まぁ女の子が可愛くなるのはいいことです!
      >> 続きを読む

      2014/04/05 by ちあき

    • 評価: 4.0

      この1巻は衝撃的だったよ(゚Д゚;)
      小学生の時に転校してきた耳の聞こえない西宮さん
      その西宮さんを苛めてた石田君
      イジメが元で西宮さんは転校…
      その後石田君がイジメの対象に

      現在高校生になった石田くんは自分が西宮さんに行った行為を
      深く反省し謝罪…新しい関係を築こうとしてる最中

      石田君はえらいと思う。
      普通イジメの加害者ってねぇ…
      自分の行動を反省し後悔して…そしてソレに目を瞑ることなく
      西宮さんと新たな関係を築こうとしてるんだから
      ただ石田君、贖罪の気持ちが強すぎて周りが見えない感じがする。
      西宮さんと石田君の気持ちが空回りしてる感じだけど
      まだ始まったばかりでギクシャクしてる2人の状態だからね
      また小学校の同級生も出てきて話はどんな展開になるのか
      この先どうなるのか楽しみな漫画


      植野さんの『友達ごっこなんじゃないの?』って言葉
      痛いけど…最初はそれでもいいんじゃない?最後に友達なれたら

      悩みながら前にすすめ~ (`⌒´)oエイ(`⌒´)oエイ(*`д´*)ノオウ!!
      >> 続きを読む

      2014/03/30 by

      聲の形(3) (週刊少年マガジンKC)」のレビュー

    • >makoto さん

      小学生ってお子様だから…ねぇ(;^◇^;)ゝ
      加減が判らないと言うか何と言うか…(*´Д`)=з >> 続きを読む

      2014/03/31 by あんコ

    • >ice さん

      この漫画の主人公・石田君は自分が苛められて
      初めて自分のした事の大きさが判ったんだよね…
      痛い思いをして判る事ってあるから反省した分成長したんだろうね。
      贖罪の気持ちが大きすぎて周りが見えないのも仕方ないのかな?って思うけど
      高校生だもん悩みながら前に進んで欲しい!(b^ー°)
      >> 続きを読む

      2014/03/31 by あんコ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    聲の形(3) (週刊少年マガジンKC) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本