こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

姫君の妖(あやかし)事件簿

裏検非違使庁物語
カテゴリー: 小説、物語
定価: 540 円

妖を取り締まる裏検非違使として働く椿木の生活が一転してから半月あまり―。今では任務の傍ら、大貴族の娘としての厳しい姫君修行にも励んでいた。皇子である瑞季とつり合う娘になりたいからだ。そんなある日、椿木のもとにある依頼が舞い込んできた。だが、この依頼は彼女を思いがけない渦に巻き込むことになって...!?椿木の「空白の記憶」にまつわる真相が明かされる、衝撃の第2巻。

いいね!

    「姫君の妖(あやかし)事件簿」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヒメギミノアヤカシジケンボ ウラケビイシチョウモノガタリ
    ひめぎみのあやかしじけんぼ うらけびいしちょうものがたり

    姫君の妖(あやかし)事件簿 - 裏検非違使庁物語 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本