こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

水のなかの光り

カテゴリー: 小説、物語
定価: 500 円

照美が高校三年になった春。彼氏の明哲の幼なじみだという少女・彩央が入学してきた。まるで女王様のような高圧的な彩央に、なぜか明哲は逆らえない。そして翌日、照美は明哲から別れを告げられる。「彩央が別れろと言ったから」という理由に納得できない照美だが、彼らのゆがんだ関係にはわけがあった。六年前、彼らは、一人の少女の死によって時を止められてしまっていたのだ...。

いいね!

    「水のなかの光り」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ミズノナカノヒカリ
    みずのなかのひかり

    水のなかの光り | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本