こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

先生、原稿まだですか! 新米編集者、ベストセラーを作る (集英社オレンジ文庫)

3.5 3.5 (レビュー2件)
著者: 織川 制吾
いいね!

    「先生、原稿まだですか! 新米編集者、ベストセラーを作る (集英社オレンジ文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      編集者のお仕事小説。寡作の作家と編集者の過去の設定はなくても、十分楽しいと思う。

      2019/09/12 by

      先生、原稿まだですか! 新米編集者、ベストセラーを作る (集英社オレンジ文庫)」のレビュー

    • 評価: 4.0

      文芸業界の頑張る女子のお仕事系ライトノベル。

      主人公は新卒で文芸の編集部に入社した23歳、平摘栞(ひらずみしおり)。天然だけど一生懸命。いつか自分が担当した作家の本を100万部売ることが夢であり目標。そのためには溝掃除でも300冊以上の資料集めもする。兎に角担当した作家の本を100万部売りたい!その強い気持ちが栞を突き動かす。

      中盤まではグダグダとした(良くも悪くも)感じでつまらないわけではないがおもしろいわけでもなかったが中盤以降グッとストーリーに動きが出てきて栞の一生懸命さも相まった上で他のキャラの個性やバックグラウンドなども絡まってきて最後は頁を捲る手が止まらない感じになりそのままの勢いで読了・・・ふぅ~・・・良い読書ができた~。

      まあ、ぶっちゃけこの可愛い表紙絵に惹かれたというのもあったわけだがこの表紙絵の可愛い感じが作中でもちゃんと活かされているし表紙絵詐欺とは個人的には言わせない、思わせないくらい魅力が滲み出ていて良いなぁと思った。結構こういう風に表紙絵が可愛いものだと作中のキャラクター性に合っていないことがままあるので(実際こういうことが今まで何度となくあって読むのやめたことが一度や二度ではないことをここに明記しておきます笑)この作品はそういう心配や不安を抱かずに読めたことも大いに高評価の一因になっているなとも思います。

      こういう頑張る女性のお仕事系作品って何故か好きなんですよね~。理由は一つではないと思いますが頑張ってる人を見ると自分も元気になったりするのは確かにあるかもなぁと思います。あとは単純に可愛い女性が好きというのも多分にありますが笑

      久々に楽しい小説を読めて良かったです♪


      さあ、次はなに読もうかな~(^^♪
      >> 続きを読む

      2017/06/01 by

      先生、原稿まだですか! 新米編集者、ベストセラーを作る (集英社オレンジ文庫)」のレビュー

    • >結構こういう風に表紙絵が可愛いものだと作中のキャラクター性に合っていないことがままあるので
      絶対にありますよね。でもそれを澄さんが告白されたのはポイント高いです!
      いつも高評価のお優しい澄さんでも許せないってどんだけ~?!って思います。
      >> 続きを読む

      2017/06/01 by 月うさぎ

    • 月うさぎさん

      そうですよね!ありますよね!!
      ありがとうございます!まあ、色々と読んできてますしすべてが良かったわけではなかったですし(^_^;))結構詐欺には引っかかっていますよ(笑)
      自分の家の3軍用の本棚にはそういう目にあった元凶の作品何冊もありますし。

      うーん、基本小説に関しては眼力養えてる気がしているので。ただ、そういう作品は基本的に読むの途中でやめてますし途中で読むのやめた作品はここのサイトには上げないので。多分ですがそういう作品をここに上げたら自分の今まで築いてきたキャラ崩壊するかも(笑)まあ、そんなことは先ず持ってしないですけどね。笑

      優しいと言って頂けたのは素直に嬉しいです(^^♪

      高評価に関しては先にも言いましたが3軍などに落ちている作品が沢山ある中で上がってきて最後まで読めた作品なので必然っちゃあ必然なのかもなとも思います。
      >> 続きを読む

      2017/06/01 by 澄美空


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    先生、原稿まだですか! 新米編集者、ベストセラーを作る (集英社オレンジ文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本