こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

白ゆき姫殺人事件

3.2 3.2 (レビュー15件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 630 円
いいね! oasamaru yana ryoji

    「白ゆき姫殺人事件」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      巻末の資料集が秀逸なアイデア

      ホント、おもしろい作家さんです。
      文学的であるとか知的な感じはまったくなく(失礼)僕の勝手なイメージでは、なんかやたらベラベラ"くっ喋ってる"女(失礼)が独白も心情表現も重きを占めるストーリーを書いてるんですけども、それが今までの作品(一応全部読んでるファンですよ♪)どれも気色悪い風味がして素晴らしい。

      今回、本作のおもしろさはダントツで巻末の資料集。
      本編とは別にネットや新聞、週刊誌の記事ふうにレイアウトされているところがミソ。

      読者を楽しませてくれる仕掛けがサービス満点だし、大したアイデアだと思います。
      >> 続きを読む

      2018/08/09 by

      白ゆき姫殺人事件」のレビュー

    • 評価: 3.0

      ミステリーとして読むには物足りなかったです。
      しかし、現代においてSNSや報道に見られる人の良くない部分が上手く描かれているなと感じました。

      2018/04/01 by

      白ゆき姫殺人事件」のレビュー

    • 評価: 4.0

      化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見され、事件について週刊誌の赤星が独自で調査する流れでお話が進みます。取材に応じる人々の口から共通して語られたのが城野美姫。人々の憶測の証言が、真実として証言され、ネット上や雑誌で報道され、城野美姫を追い詰めていきます。信頼していた友人まで、犯人だと疑い、世間では犯人のように思われていく。現代のネット社会の実態を描いていてリアルで面白いお話でした…が、集団の心理という面ではとても怖いお話でした。

      2018/01/22 by

      白ゆき姫殺人事件」のレビュー

    • 評価: 4.0

      この本が湊さんの作品、初読み。
      残虐なシーンとか無いけれど、とにかく胸糞悪い。
      取材とSNSと雑誌記事で構成されていて、その全てが無責任な憶測と、偽善を装おった悪意に満ちている。
      親友や親までが、庇うフリをして結果として貶める。
      世に出回った憶測は当事者を置き去りに、勝手な展開を始めていく。
      そのくせ、事実がまるで違うことが解ると、「私達の信じてたとおり!」って、どの口が言うのか。
      虫酸が走る。
      いやだいやだ。
      まさにイヤミスだ。
      それにしても情報操作って簡単なんだ。面白かった。
      タイミングを逃して、なかなか手を出していなかったことに後悔。
      >> 続きを読む

      2017/11/07 by

      白ゆき姫殺人事件」のレビュー

    • 映画は観ました。

      ストーリーはあまり覚えていないのですが、イヤな感じは残っています >> 続きを読む

      2017/11/07 by ice

    • 映画、私も観ました!とても良く出来ていて、正直、いろんなメディアやSNSの記録で構成されている小説よりわかりやすかったと思います。(o^^o)
      とにかく、菜々緒がハマり役すぎでした〜(*´꒳`*)
      映画の方が、まだラストが少し爽快なので、小説はもう、モヤモヤしまくりです!(笑)
      >> 続きを読む

      2017/11/07 by ももっち

    • 評価: 3.0

      湊かなえの作品を勧められて読んでみたが、面白い書き方をするなって思った。
      様々な登場人物の目線に立って話すことで、よりその人の感情や真実を知ることができ、次はどんなことになるのだろうときになり、あっという間に最後まで読み終えることができます。
      本が苦手な自分でもさらっと読めます。
      本の内容ですが、メディアの出鱈目さと、世間一般は、そのメディアのでたらめな情報をすぐに信用して、その人を叩くという、今の世の中でも普通にありうる現実を話にしたような感じ。
      どれが真実でどれが嘘か、それを見抜くことはとても難しいことなのだと思わされる。
      恐ろしい情報社会である。
      最後の結末は、ほんとに急な展開で驚きです。
      最後まで楽しませてくれる作品です。
      >> 続きを読む

      2016/05/05 by

      白ゆき姫殺人事件」のレビュー

    • 湊さんは「イヤミスの女王」なんてニックネームがついてますが、読後感が良くないのはデビュー作「告白」くらいなものだと思いますよ。
      まぁ、あの一作で冠がつけられてしまうほど鮮烈な作品でしたけれどね~。
      諸々ご意見はあるでしょうが、現在活動中のエンタメ作家さんのなかでは、5本の指にはいるのではありませんか?
      >> 続きを読む

      2016/05/05 by 課長代理

    もっとみる

    最近この本を本棚に追加した会員

    63人が本棚に追加しています。

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シラユキヒメサツジンジケン
    しらゆきひめさつじんじけん

    白ゆき姫殺人事件 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本