こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

ハコブネ (集英社文庫)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 村田 沙耶香
いいね!

    「ハコブネ (集英社文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      芥川賞で知った『コンビニ人間』を読んで以来、ときどきご贔屓にしている作家さん。学校の延長みたいに価値観を統一したがる社会にフィットしていない人々の実像にかすかな光りを当ててくれる視点が小気味よかった。

      交差するが交わらない3人の女性の微妙なブレがおもしろい。知らぬ間に画一化、規格化されていく社会構造の中に取り込まれてしまう個人の存在危機を描出したパンクテイストも感じた。

      家族、仕事、性別、愛、対人関係も一つの価値観でくくれない時代に突入した今。日々人々が察知してはリセットしたがる違和感を描き続ける村田沙耶香という視点は、僕にとって平和と正義、繁栄という勝手なイメージに塗り固められた社会に風穴を開けてくれる存在。

      男、女、家族、学校、会社、社会、宗教、世界、地球、宇宙といったカテゴリー(ハコブネ)の中に当てはまらない何かがうごめいている個人の存在意義を考えてしまった。
      >> 続きを読む

      2019/04/23 by

      ハコブネ (集英社文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ハコブネ (集英社文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本