こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

逢魔が時に会いましょう (集英社文庫)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 荻原 浩
いいね!

    「逢魔が時に会いましょう (集英社文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      小品には小品なりの味わいがある。
      そんな感想になる妖怪の探索珍道中3編。

      1話目は真矢と准教授布目の出会いから始まり、座敷童の調査へ。
      すると子供の影に隠れて、こっそりとおやつを拝借する姿が捉えられる。

      2話目は河童。
      河童が出没するという沼で調査をしていると、それらしき影が水面を映る姿が。

      3話目は天狗。
      天狗の目撃情報から広島に飛ぶが、その意外な正体とは。

      基本的にクスッと笑える旅なので、妖怪の顛末も予想できる仕上がり。
      真矢と布目の恋模様も旅に彩を加える。
      >> 続きを読む

      2019/10/23 by

      逢魔が時に会いましょう (集英社文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    逢魔が時に会いましょう (集英社文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本