こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

本業失格

5.0 5.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 図書の販売
定価: 440 円
いいね!

    「本業失格」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 5.0

      「本業失格」、何が本業失格なのか、大好きな本に囲まれ、
      本や旅にまつわる「出会い」や「喜び」を文章に・・・・何が失格なの。

      初期の、エッセイが多々載せられていて
      本人は悪文で読み返すと冷や汗がでるというが、
      沢木耕太郎の「深夜特急」みたいに、初期の作品は、ずばり青春。

      こちらまで青春、心がウキウキしてしまう・・・・・。


      どのエッセイもおもしろいが、一つ紹介すると、

      古書店に足を運ぶ人種は大きく分けて三つに分けられると。

      第一は、純粋な古書好きのお客様。
      第二は、古書業者あるいは古書店店主。
      ・・・・・・常に、顧客からの探求リストを持って、探しまわる。
      第三は、背捕り師という人たち。
      ・・・・・・自分が関係を持ついくつかの書店の必要としている本のリストが
      インプットされており、一冊一冊見つけだし、高く買い取ってくれる店へ持ちこみ
      利ザヤを稼ぐ。背捕り氏らが頻繁に出入りする古書店ほど繁盛店だと、・・・。
      古書店は、買いたくないものでも、なるだけ高く買う、それは新鮮な本を、
      他店より、自店に持って来させるためだと・・・。

      このまえ聞いた話ですが、BOOK OFFではフランチャイズの一店目は本部から
      本の供給はあるらしいけで、二店目、三店舖となればすべて自前で調達、仕入れるらしい。

      それって凄くリスキイですねといえば、文化度の高い地域、新刊本が売れる地域であれば
      それなりに売りの本、すなわち買い(仕入れ)の本が多く出回ると・・・。

      “利は元にあり”どんな商売でも、商品調達、品揃えは大事なんですな。

      ちょっと脱線しましたが・・・・松浦弥太郎さんの本を読まれてない方。
      まず最初に、是非読んで頂きたいののは、この本「本業失格」でおます。
      >> 続きを読む

      2013/07/26 by

      本業失格」のレビュー

    • >文化度の高い地域、新刊本が売れる地域であれば
      >それなりに売りの本、すなわち買い(仕入れ)の本が多く出回ると・・・。

      地域によって文化度が違うってことなのですね。。
      私が住んでるとこってどうなのかなーうむむ。
      >> 続きを読む

      2013/07/26 by sunflower

    • 古書店のあの空気良いですよね。
      最近行ってないなぁ。

      2013/07/26 by tomato


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    この本に付けられているタグ

    ホンギョウシッカク
    ほんぎょうしっかく

    本業失格 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本