こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

さくら日和

3.5 3.5 (レビュー1件)
カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 480 円

21世紀を前にして、人生最大の危機に陥ったももこさん。「ママは本当はさくらももこなんじゃないの?」と息子が疑いを抱き始めたのだ...。「深まる息子の疑惑」はじめ、父ヒロシを連れての社員旅行など、抱腹エピソードが満載。「おめでとう新福さん」で前代未聞のパーティーの主役となった、元担当編集者からの渾身の質問をお楽しみ巻末付録に。人気爆笑エッセイがますますパワーアップして登場。

いいね!

    「さくら日和」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      ちびまる子ちゃんではいつもバカバカしくかったり、ほんわか温かい気持ちになったりと、色んな世界を披露してくれたさくらももこさん。

      ご家族もマンガに出てきますが、おかあさん、父ヒロシ、おねえちゃんもこのエッセイには度々登場し、現実世界のさくら家の様子も垣間見ることができました。
      マンガはあくまでマンガだろうと思っていたけれど、あながちそうではないと感じました。
      もしかしたら、多少の色付けはあるかも知れないけれど、ヒロシはマンガの中でのヒロシとあまり変わらない、期待を裏切らないキャラクターでした。

      さくらももこさんは、子どものころから作文が上手だった、という恩師の発言をテレビで見たことがありますが、エッセイも、起こった出来事をつづられていますが、その場の情景がありありと思い浮かべることができるように、まるで、自分がその近くで様子を眺めているような気分になります。

      私生活では色々大変なこともあったみたいだけれど、基本的に面白いことが大好きで、みんなで一緒に楽しんじゃおう!という精神がエッセイの端々に感じられます。

      文中で、賀来千香子さんのお兄さんを大手の安定した会社からさくらももこさんのプロダクションにスカウトする際、「万が一、私が死んだとしても‥‥」と説得したり、最後のおまけのページで編集者からの「自分の老いた姿を想像したことがあるか」「どんな風に歳をとりたいか」という質問に答えていたり、普段から健康にも気を使っていたという記述もあります
      まさか、こんなに早く亡くなるなんて夢にも思わなかったのだろうな、と思います。残念です。
      >> 続きを読む

      2019/05/12 by

      さくら日和」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    サクラビヨリ
    さくらびより

    さくら日和 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本