こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

リンボウ先生の日本の恋歌 (集英社文庫)

3.0 3.0 (レビュー1件)
著者: 林 望
いいね!

    「リンボウ先生の日本の恋歌 (集英社文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      歌謡曲の「ユーミン」や「小坂明子」、歌詞の紹介と思いきや、
      「万葉集」、「梁塵秘抄」、「地唄」まで、その中間の「北原白秋」、「佐藤春夫」も。

      一番気にいったのは、批判的ではあるが、
      林あまりさんの歌集「ベットサイド」、短歌が採り上げられていること。

      生身の匂い立つエロスが、全編蔽いつくされているんですが、

      そこには、和歌と近代短歌の虚構と現実について厳しくご意見を・・・。

      そして、おんなであること、女性からみた性に、私たち男は、
      驚きとその隙間に戸惑うのである。

      恋歌、男と女、の恋歌。

      >> 続きを読む

      2018/05/04 by

      リンボウ先生の日本の恋歌 (集英社文庫)」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    リンボウ先生の日本の恋歌 (集英社文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚