こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

負けるのは美しく

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者:
カテゴリー: 映画
定価: 560 円

就職活動の一環としてなりゆきで受けた東宝映画のニューフェイス試験で、遅刻した上に水着を忘れ、パンツ姿で面接したが見事合格したこと。生来の天邪鬼が顔を出し、天下の黒澤明監督にたてついてしまった新人のころ。大スター三船敏郎をはじめとする数々の名優との思い出。運命の出会いと結婚、そして36歳という若さで逝った最愛の娘。読む人の心を静かにそっと揺さぶる感動のエッセイ。

いいね!

    「負けるのは美しく」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      あの俳優の児玉清さんの本。

      読書家のイメージがあり、書評集かと思いきや、
      東宝のニューフェイスから俳優に、映画からテレビへと
      スターにはならなかったが、それは自ら選んだ道なのか・・・。

      自らを常に醒めた目でみつめ、決して自己陶酔を許さない。
      スターの条件は、自己陶酔であるが故に、スターにはなれない、ならない。

      決して出しゃばる事も避け、後ろへ引く、その思いが題の「負けるのは美しく」に。


      買って、半年以上置いてあって、偶然読みだした本。

      そして最後の五章は、「天国へ逝った娘」と題して、
      35歳にして胃がんに侵された娘さんを見守る、児玉さん。
      癌に侵された本人と、周りの人の思いが交錯して辛い。

      実は、私も、二ヶ月前に、癌を宣告されたばかり、
      仕事の都合もあり、ようやく今月に、手術。・・・・・胃を全摘するのですが、
      痛みも何もなくいたって、ケセラ・セラの気持ちで元気に過ごしていたのですが、

      この本を読んで、周りの者がどれだけ、気遣いしているのか
      どれだけ心配させているのかが解かって、大いに反省しております。

      こんな時に、この本を手にしたのも何かの縁。

      私にとって、そんな、赤い糸を感じる本でおます。

      >> 続きを読む

      2016/11/03 by

      負けるのは美しく」のレビュー

    • >rock-man さんへ

      ありがとうございます。

      来週、月曜日に入院、火曜日に手術ですが、
      今日、土曜日には、川奈でゴルフしてきました・・・・。

      ケセラ・セラ・・・・・で、おます。
      >> 続きを読む

      2016/11/06 by ごまめ

    • >makoto さんへ

      ありがとう、ございます。

      笑いは百薬の長、
      もちろん、病室には、落語のCD、わんさか、持ち込みます。

      気にすると、“癌”細胞は、生意気にも増長するみたいで、
      こちらも色んなことに熱中して、ほったらかしにすると、
      拗ねておとなしくなるようです。



      makoちゃんの応援に、応えられるよう、頑張ります・・・・。
      >> 続きを読む

      2016/11/06 by ごまめ


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    マケルノワウツクシク
    まけるのわうつくしく

    負けるのは美しく | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本