こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

生きること学ぶこと (集英社文庫)

4.0 4.0 (レビュー1件)
著者: 広中 平祐
定価: 514 円
いいね! Tukiwami

    「生きること学ぶこと (集英社文庫)」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

       スポーツ選手にとって、左右の筋肉のバランスが大事なように、定期的に本を読む人は、自分のなかの、文系っぽい知識と理系っぽい知識の割合が気になるのではないか。年の瀬に向けて本の整理をしているとき、こんなことを考えた。すると、この『生きること学ぶこと』が気になってつい読んでしまい、作業がまったく捗らなかった。残念。
       正直にいって、この本を読むのはつらい。広中さんは多くの逆境を乗り越えた人で、自分だったらここで腐ってしまうなあと思う箇所が多すぎるからだ。(こんなことを考えてしまう語りになっている)そこから学べと人は言うが、なかなかちょっと難しい。
       しかし、ギボン自伝と同じように読めば、かなり楽しめる。とくに、論文を書き始めたエピソードがおもしろかった。或る少女が、おそらくまだ20代の広中さんに「おじさん」と言った。その一言に広中さんは焦りを感じ、創造の扉を開け、数学の道を走り始めたという。ここで残念なのは、わたしがもう既におじさんであり、「おじさん」という言葉に焦燥を感じないことだ。
      >> 続きを読む

      2014/12/30 by

      生きること学ぶこと (集英社文庫)」のレビュー

    • 私も年末の大掃除、本をあれこれ読みたくなってしまって捗りませんでした笑。

      バランス、考えされられます。よほど意識しないとどんどん偏っていきそうです。 >> 続きを読む

      2014/12/30 by chao


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    生きること学ぶこと (集英社文庫) | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本