こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

家鳴り

カテゴリー: 小説、物語
定価: 630 円

ありふれた日常の裏側で増殖し、出口を求めて蠢く幻想の行き着く果ては...。巨大地震が引き起こす食糧危機、老女の心の中で育まれた介護ロボットへの偏愛、摂食障害のために限りなく肥満していく女、豚の世話だけに熱中する孤独な少年の心の爆発―。抑圧された情念が臨界まで膨れ上がり、過剰な暴力となって襲いかかる瞬間を描いた戦慄の七篇。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「家鳴り」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      新潮社 (2002/05)

      著者: 篠田節子

      • 評価: 4.0

        怖い短編集です。
        人間の暗い部分を照らし出した一冊。
        表題の「家鳴り」をはじめ、すべての話しで、そっちに進んでしまうのか…なんとかならないのか…と考えさせられました。
        話の主人公の立場に立たされた時、自分ならどうするのか。
        を考えながら読むととても面白いです。

        2012/05/09 by

        家鳴り」のレビュー

      • > すべての話しで、そっちに進んでしまうのか…なんとかならないのか…と考えさせられました。

        面白そうですね。読んでみたいと思います!
        >> 続きを読む

        2012/05/09 by ice


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ヤナリ
    やなり

    家鳴り | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本