こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

さるのこしかけ

4.3 4.3 (レビュー2件)
カテゴリー: 評論、エッセイ、随筆
定価: 440 円

ベートーベン「運命」のメロディとともに肛門を襲った強烈な痔を完治させた、驚きのドクダミ療法。台風直撃、さらに食中毒にも直撃された台湾旅行。そして、「ノー・プロブレム」な国民性に振り回された、初めてのインド...。日本中をわかせた、あの爆笑エッセイ第二弾が文庫になって帰ってきた!デビュー前夜の妄想炸裂な日々を熱く語り合う、文庫オリジナルの巻末お楽しみ対談つき。

いいね!

    「さるのこしかけ」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      やっぱり面白い、このシリーズ。独特の文章が、きっとこの人変わってるんだろうなあと思わせる。悪口じゃない。

      「ある日の大便の後、肛門の特別演奏はジャズからベートーベンの“運命”に変わった」
      女性としてはかなり捨て身のエッセイな気がする。赤裸々性体験みたいなのよりよっぽど赤裸々で生々しい。便秘が酷くて座薬いれる羽目になったわデヘヘと家族に喋ることはできても本にして不特定多数に発信する勇気は私にはない。
      と、どの話も面白いけど学生時代の話は読むと自分の事を思い出してしまって刺さる。
      「見当ちがいの熱血」にタイトル通りの教師が出てくるが、私も小学生時代にこの系統の教師にあたった。放課後はクラスの友達と外遊びをしてスタンプをためるという、今も昔もアウトドアの派閥に属した事がなく、仲の良い子と漫画を読んだりゲームをしたりしていた私にとって苦行でしかないイベントを考案されたが、当然スタンプはたまらなかった為に教卓の前でめっちゃ怒られた事がある。いつの時代も空回り教師はいるもんで。しみじみ。
      その後もインドア趣味に変化はなく協調性がないされ続けたけれど、人それぞれやと寛大な両親だったおかげで反骨心の塊にならず普通のオタクとして成長する事ができた。

      そんな両親大好きな私なので「会える機会が少ないから、会えた時にはテレビを観るより他にしておきたい伝達事項が多すぎるのだ」という一文は、正にその通りなのでホロリとした。
      >> 続きを読む

      2015/07/06 by

      さるのこしかけ」のレビュー

    • さくらももこのエッセイを読んだことないのですが、みなさん面白いといいますよね♪ 雰囲気的にも気軽に読めそうで、機会あったら読んでみたいです。 >> 続きを読む

      2015/07/06 by sunflower

    • 評価: 4.0

      「もものかんづめ」に引き続き、面白い。

      特に得るものはないし、何度も読み返すような本ではないが、読んでしまう。
      大爆笑とまではいかないが、笑ってしまうので電車で読むのは危険。

      なんだかんだいって好きなシリーズです。

      気分転換に気軽、気楽に読めるものをお探しの方はこのシリーズをどうぞ。
      >> 続きを読む

      2013/12/10 by

      さるのこしかけ」のレビュー

    • さくらももこさんのエッセイって思わずクスって笑ってしまうのですよね。

      2013/12/10 by ybook

    • 気にへばりついて、いかにも猿が座りそうなきのこですよね!

      うまいネーミングだよなぁ(笑) >> 続きを読む

      2013/12/10 by ice

    関連したレビュー

      集英社 (1992/07)

      著者: さくらももこ

      • 評価: 3.0

        今回は、エッセイ第二弾、ももこさんが結婚してからも旅行とか内輪喧嘩なども沢山出てきますが、最初に訪れた集英社で接待係ではないが、ももこさんの「あの、お茶は何にしましょうか」と聞いてくれたのが、旦那の“みーやん”さんと一番最初の出会い。
        人生での出会いを考えると、沢山の出会いの中から気の合った人、身近にいて波長のある人などと、絞られていくんでしょうが、まあ、ご縁というのは不思議なもんですな。

        2021/07/30 by

        さるのこしかけ」のレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    サルノコシカケ
    さるのこしかけ

    さるのこしかけ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本