こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

天使の卵

3.3 3.3 (レビュー4件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 410 円
いいね!

    「天使の卵」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 4.0

      再読2~3回目ぐらい。(少なくても映画公開前に一度は読んでいると思う。)村山由佳さんの著作は久し振りに読む。自分にとって本当に大切な人を失うという感覚は、この本の歩太君に降りかかった事と同じような気がすると本を読んで感じた。歩太君の今後がどうなるか気になる。続編「天使の梯子」「天使の柩」も機会を見つけて必ず読んでみるつもり。感想はこんなところです。

      2017/01/20 by

      天使の卵」のレビュー

    • 評価: 3.0

       カミサンと一緒にBookoffに行った時、カミサンが買った本です。自分だったら絶対に選ばない種類の本なのですが、放置されていたので、試しに読んでみました。

       女性の作家さんが、19歳の男性の視点から一人称で書いた作品なのですが、その主人公は、女性が期待する男性像という感じで、違和感を感じる男性は、私だけではないのでは?

       実は、私にも美大を目指して石膏デッサンに明け暮れる浪人生だった時代があったのですが、ギリシア神話の女神であるアリアスに似た横顔をもつ日本女性がいるとは思えなかったし、所々に見える紋切り型の表現も作者が背伸びをしているようで鼻につきましたが、物語そのものには読者を引き込む力があり、先を急ぎたくなるような緊張感も感じられ、そういう意味では、著者の他の作品も読んで見たいという気持ちになる作品でした。

       読み終わった後で調べたところ、続編もあるようなので、手頃な金額で手に入ったら、読んでみようと思います。
      >> 続きを読む

      2014/12/12 by

      天使の卵」のレビュー

    • fraiseyuiさん、情報ありがとうございます。ググってみると、BAD KIDS(バッド キッズ)、海を抱く(BAD KIDS)、野生の風(WILD WIND)が三部作みたいですね。 >> 続きを読む

      2014/12/15 by カカポ

    • 野生の風は知らなかったです!!いつか調達してみます。情報ありがとうございます(^_-) >> 続きを読む

      2014/12/15 by fraiseyui

    • 評価: 3.0

      せっかく幸せになりそうなところで、みんなが幸せになれない唐突なエンディング。
      ちょうどこの本が発売されたころのドラマも、恋人が死んでしまう切ないラストが多かったような気がします。
      そういう時代だったんだろうなぁ・・・

      ―と思いつつも、せっかくこの物語に入り込んだのに、突然降ってわいたような薬物ショックで簡単に物語にケリをつけるとか、納得いかーん!!

      とてもきれいなラスト1行。
      ここに持ってくるために死ななきゃいけなかったのはわかるけど・・・心がついていきません。。。
      一見爽やかな恋愛小説のようで、最初から最後まで自殺や流産といった死がまとわりついているんですよね。

      歩太と春妃はとことん夏姫に謝って、償って、いつか関係を修復して、、、
      3人笑って話せるときがきてほしかったです。
      >> 続きを読む

      2014/12/10 by

      天使の卵」のレビュー

    • 〉一見爽やかな恋愛小説のようで、最初から最後まで自殺や流産といった死がまとわりついているんですよね。
      そうなんですか。うわ、なんかすごく19世紀的な恋愛ですね。
      一見薬物とか、今風なアイテム投入していますが。
      恋愛はいつの時代も変わらないものだから、小説も古いプロットの方が書きやすいんでしょうか?
      >> 続きを読む

      2014/12/11 by 月うさぎ

    • 月うさぎさん
      19世紀的恋愛の特徴なのですか??
      むしろ19世紀という時代背景でこういうの読みたいですね。笑
      その方が新鮮味がありそうー

      >恋愛はいつの時代も変わらないもの
      ですね!昔からなーんも変わらない悩みを人間繰り返してるんでしょうね。
      愛って複雑そうで単純で、でも複雑ですわー・・・(何があった)
      >> 続きを読む

      2014/12/11 by あすか

    • 評価: 3.0

      確か映画化されたと思う。あいかわらず切ない。。

      2011/03/29 by

      天使の卵」のレビュー

    • 市原隼人&小西真奈美で映画化されているみたいですね。
      おっと沢尻エリカさまも出演されておられます!(笑) >> 続きを読む

      2012/10/25 by ice

    関連したレビュー

      集英社 (1994/01)

      著者: 村山由佳

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 5.0

        一本槍 歩太は 大学に落ちて予備校に通うために入学準備に行くために乗った電車の駅で、若いひとりの女の人を見かけた。
        淡い桜色のロングカーディガンを白い開襟襟のブラウスの上に羽織ってストーンとしたスカートをはいた横顔が石膏のアリアスの胸像の横顔に似た凛としたたたずまいの女性だった。混雑した車内で 歩太は無意識のうちに初対面の女性を守るように腕を突っ張っていた。
        そして偶然にも、精神科に入院している父親を見舞った時、彼女に再会した。彼女は 新しく担当になった父親の主治医だったのだ。
        彼女にひとめぼれして さらに惹かれていく歩太だったが・・
        悲しすぎる結末に、呆然としてしまいました。
        やっと、悲しみから解き放たれて、これからしあわせになろうとしていた二人だっただけに、辛すぎました。
        >> 続きを読む

        2014/07/09 by

        天使の卵」のレビュー

      • ゆうゆうさんのレビューをみただけでも切なさが伝わってきました。たま~に、切ないストーリー小説を読みたくなるので、本棚に入れておきたいと思います。 >> 続きを読む

        2014/07/09 by usagi

      • 一本槍さんって、まっすぐな感じでステキな名字ですよねー♪

        2014/07/09 by makoto


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    エンジェルスエッグ
    えんじぇるすえっぐ

    天使の卵 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    海の見える理髪店

    最近チェックした本