こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

白樺記

愛情生活虚構の告白
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 680 円

大正十年の冬、「新しき村」の武者小路実篤のもとに、若く美しい女、岡田晶子が訪れた。「わたくし、武者小路先生に愛されたく存じます...」妻・房子と、絶対の幸福を求める晶子の間で揺れる実篤。不倫という人道的犯罪に挑もうとする彼の心は、やがて、ふたつに分裂してゆく―。愛に調和は可能なのか、それとも犯罪なのか、愛と結婚の意味を問う幻想長編小説。

いいね!

    「白樺記」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    Amazonのレビュー


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    シラカバキ アイジョウセイカツキョコウノコクハク
    しらかばき あいじょうせいかつきょこうのこくはく

    白樺記 - 愛情生活虚構の告白 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    最近チェックした本