こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

裏切りの日日

3.3 3.3 (レビュー3件)
著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 560 円
いいね!

    「裏切りの日日」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      まずこの本は、MOZU事件の前の物語で倉木や大杉、美希は登場しない。唯一津城だけが登場する。内容は、ざっくりと言うと、右翼の大物幹部に脅迫状が来て知り合いの桂田に警護を頼んで、それからビルの立てこもり事件が起こり、複雑に人間関係が絡んできます。この事件では最後、津城警視が大活躍します。昔から掴み所がないような人で、そこは変わり無いようです。 話は変わりますが、逢坂剛と言う名前は、もともと作品の主人公の名前で、のちにそれをペンネームにしたそうです。 さらっと読めて面白い作品ですよ。

      2016/08/02 by

      裏切りの日日」のレビュー

    • 評価: 3.0

      録画したまま見ていないドラマの「MOZU」
      どうやら原作のほうが面白いし、わかりやすい・・っていう情報を得て、原作を先に読んでみようかと・・。
      この本はMOZUシリーズの番外編みたいなものらしいけど、時系列的には一番初めの物語らしいので、まずはこちらから。

      ほんとは、こーゆーハードボイルド系を読むのって苦手なんだけどw
      でも、思いのほかスラスラと読み進められた。
      他のMOZUシリーズに比べて、イマイチ・・という評価が多いようですが、私はまだシリーズを読んでないので、十分スピード感とかドキドキ感を感じられました。

      ただ、最後の最後、結局桂田はどういう人物だったの・・?っていうのがきちんと理解できてません。

      ラストだけもう一度きちんと読み返そうか・・と思いつつも、他の本も読みたくて、まぁいいか・・ってなってしまってます(^^;
      >> 続きを読む

      2014/09/20 by

      裏切りの日日」のレビュー

    • MOZUはドラマでみていたのでよんでみたいです^^

      2014/09/20 by Ject

    • 評価: 4.0

      百舌シリーズ「裏切りの日日」読破。

      第一作として読んだけど、序章…ですね。倉木も大杉さんも出なかった。津城警視正(この本では警視だった)は出てきましたが…。

      エロもグロもない(新谷さんがいないからか?)ハードボイルドミステリーって感じですね。

      ほかの書評では、津城さんのことを信用できないって書いている人もいるけど、いい意味で大人なんでしょうね。津城さんはやっぱり、小日向さんだなぁ、、、 >> 続きを読む

      2014/07/31 by

      裏切りの日日」のレビュー

    • 表紙だけでドキッとしてしまいました笑
      ドラマ化もしているんですね。

      2014/07/31 by coji

    • ドラマ化はされていないと思います(たぶん)
      わたしの書き方が悪かったですね、この作品を読んでも、津城さんのイメージは、小日向さんだなぁ、という意味です。。。ごめんなさい(汗)
      でも、『砕かれた鍵』よりかは、過激さが少ないので映像化はしやすいかもですね。
      >> 続きを読む

      2014/08/01 by ともぞう


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ウラギリノヒビ
    うらぎりのひび

    裏切りの日日 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本