こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

走れメロス

著者:
カテゴリー: 小説、物語
定価: 350 円

牧人メロスは、三日後の日没までに処刑されるため、都に戻ってくると王に約束した。人質に親友のセリヌンティウスを置いて。王の暴虐邪智を打ち破り、友の信頼に応えるため、メロスは走る―。名作『走れメロス』ほか、太宰の心弱い少年期の自画像をシニカルに描いた『おしゃれ童子』や『駈込み訴え』、『富岳百景』など中期の頂点をなす12編を収録。

いいね!

    「走れメロス」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      新潮社 (2005/02)

      著者: 太宰治

      他のレビューもみる (全4件)

      • 評価: 3.0

        かなり昔に一度読んだことは有るので再読になります。

        いまだにCMに使われるなど、説明不要の有名な作品ですよね。

        何度も自分に負けそうになりながらも友情を守るために走りぬく姿が描かれています。

        昔は友達って大切♪なんて素直に受け取れていたように記憶しているのですが、読み返してみると、何だか全員が友情を試しているみたいな気がして、素直にいい話だなとは思えませんでした。

        これが大人になったっていうことなのかな・・・

        ふと思ったのですが、ほとんどの日本人が、あらすじを知っていると思われる本って、走れメロスくらいしか思い浮かびません。

        世代を超えて、教科書に載っていたりとかしたんですかね。
        >> 続きを読む

        2012/11/27 by

        走れメロス」のレビュー

      • 前にもどこかに書いたような記憶は有るのですが「走れメロス」で描かれた人と人との繋がりを深めることを国策としたSF小説を読んだことが有ります。

        ◆メロス・レヴェル
        http://www.dokusho-log.com/b/4344408500/

        #オススメしているわけではございませんので(笑)
        >> 続きを読む

        2012/11/27 by ice

      • >世代を超えて、教科書に載っていたりとかしたんですかね。

        教科書に載ってたかなぁ。
        でも、そうじゃなきゃ知ってるわけないしなぁw >> 続きを読む

        2012/11/28 by makoto


    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ハシレメロス
    はしれめろす

    走れメロス | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本