こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

岳飛伝

3.0 3.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,680 円
いいね!

    「岳飛伝」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 3.0

      互いに総力を結集して激突した南宋軍と金軍。
      岳飛は漢族の領土奪回に燃え、北進を続け、兀朮は南宋に進攻させた別働隊を活かす全面勝利を狙う。
      一方、その動きを睨む梁山泊にも変化が訪れた。

      消耗戦の様相を呈してきた金国軍VS南宋軍の大会戦は、いよいよ大詰めを迎えます。
      岳飛と兀朮が、それぞれの意地だけで続けていた戦です。
      それぞれの胸にある“大義”とか“理想”を掲げた旗の下には、続々と若き血潮を滾らせた若者たちが、そのひたむきな戦う姿に魅了され集結し続けるのでした。
      隻腕の岳飛は、完全な南宋の支配下に入ることを嫌い、己の胸に「なぜ戦うのか」を問い続けます。
      ようやくタイトル通り、岳飛そのものが物語の真ん中に現われはじめました。

      五巻の出来事は以下のとおり。※以下、ネタバレです!要注!

      ● 息詰まる長期の対陣の最中、岳飛の幕舎を訪れたのは梁山泊を代表した宣凱でした。
      単独で、金国との和平交渉にあたってからというもの、宣凱には、一国を代表する政治家という風格さえ漂いつつありました。
      宣凱が、岳飛を訪った理由は、いわば「確認」でした。
      これまでの梁山泊の有り様、梁山泊軍と岳飛軍との戦いの歴史、梁山泊と金国の和睦の内容…。
      最後に宣凱は、岳飛に訴えます。
      戦に勝った後のことを考えているのか。
      岳飛は、自分は軍人であって戦いについては考えるが、志や国家などといったものについては無縁である、と応えます。
      次いで、何故そんな問いかけをするのか、と逆に問い返します。
      宣凱は、楊令が生きていれば同じ質問をしたろうと思うから、と呟きました。
      岳飛の胸中がざわつき始めるのは、この宣凱との会談の後からです。

      ● 燕京で政務を執る撻懶を訪ねてきたのは、「李富の使者」を名乗る南宋の許礼でした。
      かつて撻懶と李富との間で交わされた、黙約ともいうべき約定の効果が未だ残るのか、それを確かめるべく敵国の奥深くに単身乗り込んできた許礼。
      さしだしてきた「講和」の条件を、にべもなくはねつける撻懶。
      しかし、言動とは裏腹に、疲弊する国土や腐敗を始めた役人たちなどという国内の問題を現実のものと捉えると、これ以上の戦は許されるものではないということは、撻懶本人がよくわかっていました。
      最前線で苦闘を続ける兀朮とは別に、後方で金国の大事を担う老宰相の苦悩が浮き彫りになります。

      ● 兀朮は、麾下を精兵の騎馬軍五万まで削りました。
      対する岳飛軍も、ほぼ同数ほどの人数です。
      しかし、岳飛軍の半分以上は歩兵でした。
      人数の上では拮抗したことになった両軍、思えば三十万の大軍勢を南下させてきたのが遠い昔日のことのようでした。
      兀朮の傍らには副官の阿剌(アラ)と、養子の胡土児(コトジ)、そして軍師格の沙歇(サケツ)が控えています。
      戦を続けていくうちに、金軍内にいないと嘆いていた人材も、いつしか育ってきているのでした。
      兀朮は、はためく青鶻旗を見上げ、最後の突撃の下知を出します。
      ここまできたら、一騎打ちのようなものだ。
      兀朮の眦は、一直線に岳飛のみに鋭く向けられています。

      ● 岳飛軍は、金軍の圧倒的な騎馬軍の強さに、はじめ押し込められてばかりいましたが、元・梁山泊の刀鍛冶田峯のあみだした“長刀”を駆使し、互角以上の戦いに持ち込めていました。
      長刀隊を率いるのは養子の岳雲です。
      南宋政府からの補給が絶たれ、頼りの兵糧は友人であり商人の梁興が、苦労してかき集めてきた米のみです。
      実はこの兵糧確保には、梁山泊の王貴の助力があったことは、岳飛も承知していることでした。
      しかし、限りの見えた兵糧を前に、長々と戦はできぬと心を決める岳飛。
      麾下の張憲、呉玠・呉嶙兄弟、馮厚らの諸将に攻撃命令を下します。
      激突する両軍。
      まっしぐらに岳飛に向って疾駆してくる兀朮。
      その姿を視界にとらえたとき、岳飛の胸中に去来したのは、亡き童貫元帥、そして完膚なきまでに敗けた楊令、名将・蕭珪材の姿でした。
      兀朮ごとき、かの方々に較べれば。
      左手に剣を構え、岳飛もまた、兀朮を一筋に狙います。

      ● 岳飛の手ごたえは、兀朮の乗馬の首を切り下げたものでした。
      兀朮もまた、僅かに岳飛に届かず、負傷を負わせただけにとどまりました。
      互いに、互いが敗けたと省みる戦でした。
      そのあとに、いったい何が残った戦だったのか。
      岳飛のもとへは、停戦を伝える勅使が。
      兀朮のもとへは、自ら停戦を告げるべく戦場に出た撻懶が。
      こうして、長い大会戦は一応の収束を見ます。
      金の大国化の野望は崩れ、岳飛の抗金の志も貫けぬまま。
      目論み通りとひとりほくそ笑むのは、南宋宰相・秦檜です。
      ここから先は軍人の領域にあらず、政を専らとする官吏たちの戦場でした。

      ● 南方で砂糖精製に悪戦苦闘する秦容。
      続々と送り込まれてくる負傷兵や退役兵たちでしたが、とにかく仕事が多く、慢性的な人手不足でした。
      畑で作物を作る者、乾季を見越して大規模なダムを川の上流に造る者、疫病対策の為の病棟づくりに追われる者、井戸を掘りつづける者…。
      元・梁山泊の優秀な兵だった男たちは、汗と泥にまみれながら、この南方の地に新たな夢を託し、一心不乱に働くのでした。
      そして、ついに知恵と工夫、時間を費やし精製に成功した砂糖。
      これを張朔の貿易ルートに乗せれば、莫大な利となります。
      思わず万歳をし抱き合う秦容以下の男たち。
      口中には、確かに甘い、男たちの夢の結晶がありました。

      ● 耶律大石が叛乱軍に襲撃を受けたという報が入り、梁山泊は韓成を虎思斡耳朶(フスオルド)へ派遣します。
      緩やかに統治されており、叛乱の萌芽さえ見当たらなかった国が、いったいどうしたことだ、と韓成は訝しがりながらも千の兵とともに入国すると、待っていたのは既に叛乱を平らげた耶律大石本人と、今ではその妻におさまっている顧大嫂のふたりでした。
      ふたりから、更に西方の上青が貿易の拠点としている館まで、各部族を鎮撫しつつ行軍せよ、という命令を受ける韓成。
      戸惑いながらも、上青の館へ向かうのですが、早速、襲撃とみた土地の豪族たちが立ちはだかります。
      韓成は、もう戦が心底、嫌になっていました。
      もう部下が何人も死んでゆくのを見るのに、耐えられなくなっていました。
      韓成は武器を置き、必死に語りかけます。
      耶律大石が目指す国の形、戦のない平和な世。
      徐々に豪族たちの心をつかみ、ようやく上青の館へ到着した頃には精も根も尽き果てていました。
      上青は、おまえは戦をしながらやってくると思っていたよ、その方が手っ取り早いからな、と韓成の為しように感心しきりです。
      さらに上青は驚くべき指令を、韓成に授けます。
      なんと、韓成に、行軍してきた土地全てを統治せよというのです。
      韓成は、開いた口が塞がらないほど、驚いていました。

      ● 南宋は岳飛という問題を抱えていました。
      幾度催促しても負傷を理由に参内しない岳飛。
      軍閥であることを維持し、あくまで南宋の完全な支配下には入らない、という無言の抵抗です。
      しかし、と秦檜は思うのです。
      大戦後、新たな国境が引かれ、お互いに矛を収めた格好になっている両国ですが、遠からず必ず再戦の機が訪れる…その際に、南宋軍の総帥に岳飛がなっていてもらわねばならぬのだ、岳飛を置いて他にいないのだ…。
      秦檜はついに最後の手段として、現南宋軍総帥・劉光世を担ぎ出します。
      岳飛が父とも兄とも慕う軍人、生き残った童貫の数少ない部将のひとり。
      秦檜は、彼の説得で、岳飛がその重い腰を上げてくれることを願うのでした。

      ● 一日のほとんどを眠った状態で執務室に陣取る呉用は、だが確かに生きていました。
      夢うつつの状態で、時折、鋭い言葉を発し、宣凱はそれを心の拠り所として政務に当たってきたのです。
      その呉用の体が、瘧に罹ったように震えだしていました。
      いま正に、長い歳月、梁山泊の志を体現してきた老人が、息を引き取ろうとしていました。
      その末期の叫びが、「岳飛を救え」と、明瞭な声。
      聞いたのは宣凱ただひとり。
      その含まれた意味を、すぐに考え始める宣凱。
      呉用の死を知った主だった者たちは、雨の中を静かに集まり始めていました。

      と、いったところです。

      秦容はベトナム、張朔は日本、韓成はウズベキスタン、と梁山泊の面々は中華に留まらず、世界へとはばたいています。
      岳飛も蜀の地に目が行き始めました。
      義勇軍の叛乱の物語だったはずが、もはや、国造りの神話のようなものになってきました。
      どこまで風呂敷は広がるのでしょうか。
      ここのところ、わざとペースを落として読んでいます。
      なにせ完結していないですからね。
      >> 続きを読む

      2016/01/16 by

      岳飛伝」のレビュー

    • 呉用先生(´;ω;`)ウッ…

      このシリーズはどこまで広がっていくのか、ますますわからなくなりました。北方さん、ちゃんと終えることできるかな。。

      岳飛伝のペースを落としてたことに気がついていました(*^^*)
      完結はあと少しでしたよね。
      >> 続きを読む

      2016/01/18 by あすか

    • >あすかさん
      いつも、コメントありがとうございます。
      お尻が決まっていないと、読み続けるのが恐るおそるで困っています(笑)。
      正直、この巻あたりまでは岳飛伝は、あまりおもしろく感じませんでしたね。
      ちょっと中だるみです。
      次の巻(もう、読み始めているんですが)から、またそれぞれが光りだします。
      岳飛も当然ですが、秦容、韓成、張朔、といった梁山泊の面々。
      それから金ですね、注目は。
      もともと楊令の下にいた耶律越里が、凄まじく強くなっていてかっこいいです。
      >> 続きを読む

      2016/01/19 by 課長代理


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    ガクヒデン
    がくひでん

    岳飛伝 | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    最近チェックした本