こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

真夜中のマーチ

3.0 3.0
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,575 円

獲物は十億円。男二人と美女一人+犬一匹目指すは完全犯罪...だったのに。新たなるスラップスティック小説の誕生。

いいね!

    「真夜中のマーチ」 の読書レビュー

    レビューはまだありません。
    最初のレビューを書いて下さい!

    関連したレビュー

      集英社 (2006/10)

      著者: 奥田英朗

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 4.0

        痛快な犯罪エンターテイメント作品。

        自称青年実業家の詐欺師・ヨコケン
        御曹司と思いきや社内でダメ社員者扱いを受ける青年・ミタゾウ
        性格は悪い美女だが実は寂しい・クロチエ

        ドタバタな事件を経て三人(と1匹)はチームを組み10億円奪取を狙い手を組む。最初はそれぞれの欠点が目立つ3人だがチームを組むとお互いの足りない部分を上手く補われ、次第に友情のような絆が生まれてくる。

        詐欺師とヤクザ、チャイニーズマフィアの思惑が交錯し、誰が出し抜けるか?という二点三点する展開が楽しいクライム小説。

        奥田氏らしい軽妙な会話で読みやすく話の構成が上手い。清々しい読後感。
        しかし傑作と呼ぶにはもうひとつなにか足りなかった。
        例えるならジェットコースターのような作品。怒涛の展開で楽しく一気に読めたが、欲を言えば衝撃を受ける結末が欲しかった。
        その時は面白いが何年かすると印象が薄れてしまう。
        >> 続きを読む

        2013/04/30 by

        真夜中のマーチ」のレビュー

      • おぉぉ、これも奥田英朗なんですね。
        こういう作品も書くんですね、ちょっと意外☆

        2013/04/30 by chao

      • >最初はそれぞれの欠点が目立つ3人だがチームを組むとお互いの足りない部分を上手く補われ、次第に友情のような絆が生まれてくる。

        チームっていいですよね。

        ボクも悪だくみしたいですw
        >> 続きを読む

        2013/04/30 by makoto


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    マヨナカノマーチ
    まよなかのまーち

    真夜中のマーチ | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    逃亡〈上〉 (新潮文庫)

    最近チェックした本