こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 読書ログ - 読書ファンが集まる読書レビューサイト →会員登録(無料)

バスジャック

2.0 2.0 (レビュー1件)
カテゴリー: 小説、物語
定価: 1,365 円

今、「バスジャック」がブームである―。バスジャックが娯楽として認知されて、様式美を備えるようになった不条理な社会を描く表題作。回覧板で知らされた謎の設備「二階扉」を設置しようと奮闘する男を描く「二階扉をつけてください」、大切な存在との別れを抒情豊かに描く「送りの夏」など、著者の才能を証明する七つの物語。

※違う版の本の概要を表示しています。
いいね!

    「バスジャック」 の読書レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順
    すべてのレビューとコメントを開く
    • 評価: 2.0

      友人の紹介で冒頭の「二階扉をつけてください」目的で借りたら、怖すぎて二作目を読むのを躊躇したくらい。実際にはどれも違った趣で、情緒的な作品もあった、けど、いかんせん、冒頭作品のインパクトが強すぎ、正直私にはなんでこれがタイトルじゃないのか不思議なくらい。「バスジャック」では、手に取らないなあ。

      2015/02/12 by

      バスジャック」のレビュー

    • 短篇小説なのですね?
      確かに「二階扉をつけてください」のほうが謎な感じで興味を惹くタイトルだと思います。 >> 続きを読む

      2015/02/12 by 月うさぎ

    • 月うさぎさん。ですよねー? 二階に扉があり、そこには踊り場も階段もないという不思議な風景写真を見たんです、あれを装丁にしたら最高なんだけどなー。 >> 続きを読む

      2015/02/13 by umizaras

    関連したレビュー

      集英社 (2008/11)

      著者: 三崎亜記

      他のレビューもみる (全2件)

      • 評価: 3.0

        7つの短編が収録された一冊。
        一作目の『二階扉をつけてください』は少しSF的でブラックユーモアが効いていて、世にも奇妙な物語で放送されそうなストーリー。
        ほかの作品も微妙な異世界感があり、その設定を特に掘り下げることはないのですが、その感覚も不思議と楽しめました。

        2015/09/28 by

        バスジャック」のレビュー


    最近この本を本棚に追加した会員

    この本に関連したオススメの本

    取得中です。しばらくお待ちください。

    バスジャック
    ばすじゃっく

    バスジャック | 読書ログ

    会員登録(無料)

    今月の課題図書
    読書ログってこんなサービス
    映画ログはこちら
    読書ログさんの本棚

    レビューのある本

    #9(ナンバーナイン)

    最近チェックした本